急性腸炎(acute enteritis)は、普通…

急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・悪心・腹下しを伴う程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は強烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高い発熱が見分けるポイントだといえます。

内臓に脂肪が多い肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに一致するケースを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼ぶのです。

環状紅斑というものは輪状、要はまるい形状の紅い色の発疹や湿疹など、皮膚の病気の総合的な病名で、その誘因はまったくもって多種多彩だということができます。

ふと気が付くとゴロンと横向きのままでテレビ画面を眺めていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、かかとの高い靴をよく履いたりというような癖や習慣は体の左右の均衡を悪化させる大きな要素になります。

グラスファイバー製のギプスは、大変丈夫で軽くて着け心地が良い上にとても長持ちし、濡らしても使えるという利点があり、現代のギプスの定番と言われています。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もしなくても使用してしまう熱量のことですが、そのほとんどを骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・頭部の脳の3種類が使っていると考えられているようです。

脂溶性であるビタミンDは、Caが体に吸収されるのをサポートする機能が特に認知されており、血液の中のCa濃度を調節し、筋肉の活動を操作したり、骨を作ったりします。

基礎代謝量(kcal)というのは目が覚めている状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指します。

トコトリエノールの機能は抗酸化機能がもっとも認識されていますが、その他に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするというようなことが確認されています。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、元来、人の身体をがんから護る役目をする物質を作り出すための型のような遺伝子の不具合によって発症してしまう病気だというのは周知の事実です。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの草木の花粉に誘発され、くしゃみ・皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を発症させる病気として日本人に定着しています。

万が一血液検査で恐れていた通りエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、足りていない女性ホルモンを補充するような治療で良くなることができます。

HMSの調査によれば、通常のコーヒーと比較して1日2~3杯のカフェインレスコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸癌の発生率を約半分も減らせたとのことだ。

ほとんどの場合は水虫といえば足を思い浮かべ、ことさら足の裏や指の間に現れる病気だと考えられていますが、白癬菌が感染する所は決して足だけではないので、体の色んな部位にも感染する可能性があるので注意してください。

道路交通事故や高所からの転落事故など、大きな力がかかった場合は、複数の箇所に骨折が発生したり、複雑骨折となったり、酷い場合は臓器が負傷することもままあります。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。