数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非…

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に強靭で軽量で着け心地が良い上に長期間使うことができ、水に濡れてしまっても破損しないという特長があるため、現在用いられるギプスのメインと言われています。

日本における結核対策は、長年、昭和26年に生まれた「結核予防法」に沿う形で促進されてきましたが、半世紀が経過した2007年から他の数ある感染症とひとくくりにして「感染症法」という名前の法律に従って行われる運びとなりました。

30~39才の間に更年期になったとしたら、医学的に表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病を指します(日本では40才以下の女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義しています)。

2005(平成17)年2月以後新しくトクホ(特定保健用食品)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」とのフレーズのプリントが食品メーカーに義務付けられている。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も症例の多い中耳炎で小さな子どもによくみられる病気です。耐え難い耳の痛みや38℃以上の高熱、鼓膜の炎症、耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が出現します。

下腹の疝痛がみられる疾患には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の疾患等の病名が聞かれるようです。

チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査のデータをみると、成人に比べて体の小さい子どものほうが飛来した放射能のダメージをより受容しやすいことは明らかです。

今、比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)に対しての免疫力(抵抗力)の無い人々が多くなっていることや、受診の遅れによる集団院内感染が多くなっています。

脳卒中のくも膜下出血はそのほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできる不要な瘤(コブ)が裂けて脳内出血することにより発症する深刻な脳の病気だと認識されています。

ハーバード医大(HMS)の調査によれば、毎日2カップよりも多くノンカフェインコーヒーで代用すると、なんと直腸ガンの発病率を半分以上は減少させることができたらしい。

ピリドキシンは、様々なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要な回路へ入れるためになお一層細分化するのを補助する働きもあるのです。

患者数が増加しているうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が出現するのです。

インキンタムシというのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、カビの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部分にうつってしまい、定着する感染症のことで俗に言う水虫です。

日々の規則正しい暮らしの継続、暴飲暴食を控えること、持続可能な体操など、一見古典的ともいえる身体への注意が老化防止にも関わっているのです。

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の男の人多く見られる傾向があって、大抵は股間部だけに広がり、体を動かしたり、お風呂上りのように体が熱くなると激しい掻痒感に苦しみます。

タマゴサミン 研究員 こう

SNSでもご購読できます。