日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが体内に…

日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを補助する性能で知られていて、血液中のカルシウム濃度を調節し、筋繊維の動きを適切に調節したり、骨を作ってくれます。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、両手両足が無感覚になったり脚の著しいむくみなどが中心で、症状が進んでしまうと、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを招くことがあるのです。

めまいが確認できず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の2つの症状を幾度も発症するケースを区別して「蝸牛型メニエール(メニエル)病」という名前で診断する症例もあることは意外と知られていません。

鍼灸針を気になる所に刺してもらう、という物的な何か所もの刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を誘発するという考え方が浸透しています。

心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が細くなってしまい、血流が停止し、大事な酸素や栄養を心筋まで届けられず、筋肉細胞そのものが死んでしまう怖い病気です。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質を合成させるために作用する色々な酵素や、細胞や組織の交替に関係する酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する物質として欠かせないミネラルの一つです。

ピリドキサールには、アミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要な重要な回路に組み込ませるため、更にクラッキングするのを促進する作用もあります。

悪性腫瘍である卵巣がんは、元来、人を癌から保護する役割を持つ物質を作出するための金型ともいえる遺伝子の異常が原因で発生してしまうと言われています。

植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質が、肝臓の持っている解毒酵素そのものの生産活動をサポートしているかもしれないという事実が判明してきたのです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞がダメージを受けてしまうことが原因で、あの膵臓からインスリンがほとんど出なくなることによって発症してしまうという種類の糖尿病なのです。

30~39才までの間に更年期になったとすれば、医学的には「早発閉経(早期閉経)」という疾患に当てはまります(この国の場合は40歳以下の女の人が閉経する症状を「早発閉経(早期閉経)」と定義します)。

花粉症というものは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの木や草の花粉が原因となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻水などのアレルギーを引き起こす病気なのです。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が要因で生じる湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす主因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れやナイアシンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が関わっているのです。

栄養バランスの優れた食事を1日3回とることやスポーツはもちろんのこと、健康増進や美を目的とし、食事とは別に様々な種類のサプリメントを採用する事がまったく珍しくなくなりました。

もしも血液検査で実際にエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(POF)と分かったら、不足分の女性ホルモンを補う治療方法で緩和が期待できます。

タマゴサミン iha

SNSでもご購読できます。