日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、…

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、数日きちんとお薬を飲めば、原則として9割前後の患者さんの自覚症状は改善しますが、かといって食道粘膜の炎症反応自体が癒えたとは言い切れません。

チェルノブイリ原発事故に関する後追い調査のデータによると、大人よりも体の小さな未成年のほうが広まった放射能のダメージを受けやすくなっていることを痛感します。

耳の内部の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分類されますが、中耳付近に黴菌やウィルスなどがうつることで炎症が起こったり、液体が滞留する病気を中耳炎と呼んでいます。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保持していない人でも使用可能な医療機器で、本体からの音声ガイダンスに応じて使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての緊急処置の効き目を患者に与えます。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もせずに横たわっていても燃えてしまうエネルギーのことで、5割以上を様々な骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使っているのです。

V.B6には、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を燃やすために欠かせない重要な回路へ入れるためにもっと分解させるのを助けるという働きもあると言われています。

H17年2月より新たに特定保健用食品のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文句の明示が義務化している。

内臓脂肪過多による肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、高血糖のうち2個以上一致する状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」というのです。

心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭くなってしまい、血流が途絶え、酸素や色々な栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞自体が死ぬ怖い病気です。

脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を調節したり痛みの制圧、色々な覚醒などを操作しており、大うつ病(単極性気分障害)の方は動きが弱体化していることが科学的に証明されている。

不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流のように他の人にも高性能マイクロホンなどを使用してみると感じることのできるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌感染によるものの場合は相当ひどい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に高熱も出るのが通例だといえます。

まず間違いなく水虫は足、ことさら足の裏や指の間に現れる病気だと思われがちですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけということはなく、体中どこにでも感染するという恐れがあります。

常在細菌のブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類になっています。

今時の病院のオペ室には、ラバトリーや専用の器械室、手術準備室を用意し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、そうでなければ近距離にX線装置の専門室を準備するのが慣例となっている。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。