春と秋に患者が増える花粉症とは、山の杉や檜、松、ブ…

春と秋に患者が増える花粉症とは、山の杉や檜、松、ブタクサなどの草木の花粉が素因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を起こしてしまう病気として日本人に定着しています。

脂溶性のビタミンDは、Caが体に吸収されるのを支える特質が特に認知されており、血液の中のCa濃度を調整して、筋繊維の動きを操作したり、骨を作ったりします。

アルコールをクラッキングするという作用があるナイアシンは、不快な二日酔いに有効な成分です。不快な二日酔いの大元だといわれているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも関係しています。

メタボリックシンドロームであるとは断言されていなかったとしても、臓器の脂肪が付いてしまうパターンの肥満症を持つ事に縁って、数多くの生活習慣病に罹患しやすくなります。

複雑骨折したことにより大量出血した場合、低血圧になって目眩や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などのいろんな脳貧血の症状が出てくる場合があります。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の身体の中の脂肪の占有するパーセンテージを指しており、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算式で算出されます。

「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値によって判断することができますが、ここ数年肝臓の機能が落ちている現代人の数が増加傾向にあるということが分かっています。

シルバー世代の人や慢性的な持病を持っている方は、目立って肺炎になりやすく治療が長引く特徴があるため、常日頃の予防や早めの手当が大事です。

エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至り些細な細菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症してしまう病状そのものの事を称します。

万が一検査でやはり女性ホルモンの分泌量が基準値を下回っておりPOFだと分かったら、不足分の女性ホルモンを足す医術で改善が望めます。

世間では水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足の裏にみられる病気だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけということはなく、体の色んな部位にも感染してしまうという恐れがあるので気を付けましょう。

肥満(obesity)の状態は大前提として食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が因子になっていますが、ボリュームの変わらないごはんであっても、慌てて食べ終わる早食いを続けたならば肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまったため、患者の膵臓からほぼインスリンが出なくなってしまって発症するという種類の糖尿病なのです。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・悪心・下痢の症状がみられる位で済みますが、バイ菌の感染が原因の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38℃以上の高熱が出るのが見分けるポイントです。

暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、多忙によるストレス、老化というような複数の素因によって、インスリン分泌が減少したり、働きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病します。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。