杉花粉が飛ぶ春に、まだ小さな子どもが平熱なのにクシ…

杉花粉が飛ぶ春に、まだ小さな子どもが平熱なのにクシャミや水っ洟が止まる気配をみせない状態だったなら、杉花粉症の可能性が高いといえます。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科治療としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス術(CABG)」の二つの異なる術式が活発に採用されています。

ピリドキサールには、多種多様なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために必要となる回路に取り込ませるためになお一層分解させるのを助長するという作用もあるのです。

汗疱とは主に手のひらや足裏、または指の隙間などに細かい水疱が現れる病気で、通称あせもと言われ、足裏に出ると足水虫と思い込まれる場合もままあります。

肝臓をいつまでもきれいに保ち続けるためには、肝臓の解毒する作用が落ちないようにすること、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を迅速に開始することが有効です。

男性だけにある内臓の前立腺はその成長や働きにアンドロゲンが非常に大きく関係していて、前立腺のがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)によって大きく成長します。

食事の際は、次に食べたい物を気軽に口へ入れたら幾度か咀嚼して嚥下するだけだが、その後も人体は実によく機能し続けて食物を身体に取り入れるように努めているのだ。

肥満(obesity)は勿論あくまで食生活の質や運動不足が要因ですが、ボリュームの変わらない食事であっても、かきこむように食べ終わる早食いをすることによって体重過多に陥っている肥満の状態を招く可能性が高まります。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常なら人の体をガンにさせない役割を持つ物質を作り出すための鋳型みたいな遺伝子の不具合により発症してしまうということが分かっています。

毎日横向きになったままテレビを眺めていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日のように履くということは身体の上下左右の均衡を悪化してしまう素因になります。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があるので大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えることになります。

耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に大別できますが、中耳の部分に様々なバイ菌やウィルスなどがくっ付いて発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる病を中耳炎と呼ぶのです。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて喫煙・アルコールの習慣・体重過多などのライフスタイルの変化、ストレスなどによって、現在日本人に増加しているという病気なのです。

最も大きな内臓である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や狭心症のみならず多くの病気の元凶となる恐れがあるのです。

マスクが欠かせない花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツなどの様々な植物の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を主訴とする病気だと広く知られています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。