杉花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、小さなお子さんが体…

杉花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、小さなお子さんが体温は異常ないのにクシャミを連発したりずっと鼻水が止まない具合なら、残念ながら杉花粉症かもしれないのです。

日本における結核への対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」に沿う形で実行されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは他の数ある感染症と供に「感染症法」という名称の法律に従って実行されることが決まりました。

トコトリエノールの効果の中では酸化を遅らせる効果がもっとも有名ではありますが、それ以外に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが確認されています。

体脂肪量(somatic fat volume)に変化が見られず、体重が食事・飲酒や排尿等で一時的に増減する時は、体重が増加したら体脂肪率は低下し、体重が減った人は体脂肪率が高くなるのです。

何かを食べる時は、食物を気軽に口へ入れて数回咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後体は実にまめに動いて食物を体に取り入れるよう努力しているのだ。

上が140以上、下が90以上の高血圧が長く続くと、全身の血管に強い負荷がかかり、体中のあちこちの血管に障害が発生して、合併症になってしまうリスクが高くなると言われています。

いんきんたむしという病気は比較的若い男性に多く見られており、よくあるパターンとしては股間の辺りにのみ拡大し、激しい運動をしたり、お風呂から上がった後など身体が温まると強烈な痒みを起こします。

最も大きな内臓である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変などの色々な疾病の元凶となる可能性があるといわれています。

一見すると「ストレス」というものは、「消すべき」「取り去らなければいけない」ものと捉えがちですが、本当のところは、ヒトは様々な種類のストレスを感じているからこそ、生きていくことができます。

ストレスがかかり、溜まっていく構図や、有効なストレス緩和策など、ストレスに関わる正しい知識を学んでいる人は、それほど多くはありません。

アルコールや薬、化学的な食品への添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する働きを解毒といい、肝臓が果たしている非常に重要な役目の一つであることは間違いありません。

よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭くなってしまい、血流が途絶え、大切な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋細胞自体が壊滅状態になる怖い病気です。

クモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」という脳内の血管にできる瘤(こぶ)が破裂して出血することが要因となってなる脳の病気として知られるようになりました。

耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に大別されますが、この中耳の辺りに様々なバイ菌やウィルスなどが感染し、発赤等の炎症が起きたり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しているのです。

ハーバード医大(HMS)の研究によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2杯以上ノンカフェインのコーヒーを飲むと、恐ろしい直腸癌の発病リスクを半分以上も減らせたということが明らかになっている。

玉子サミン アイハ

SNSでもご購読できます。