栄養バランスの優れた食生活やスポーツはもちろんのこ…

栄養バランスの優れた食生活やスポーツはもちろんのこと、心身双方の健康や美を目的として、栄養を補うために複数のサプリメントを服用する行為が常識になっているということです。

吐血と喀血、どちらも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺を繋いでいる気道(きどう)から血が出る症状で、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある消化管から出血することを表しています。

筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝りが素因の肩凝り頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い痛さ」「ドーンと重苦しいような耐え難い痛みと表現されています。

バイキンやウィルスなどの病気を連れてくる病原微生物が肺へ入り込んで伝染し、肺の内部が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と言います。

BMI(体重指数を算出する式はどの国でも等しく同じですが、値の評価基準は国家によって異なり、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、25以上は肥満、18.5未満を低体重と広報しています。

トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ機能がおそらく一番認識されてはいますが、この他にも肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えるということが知られています。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、4~5日くらいちゃんと服薬すれば、原則として8割~9割の患者さんの自覚症状はゼロになりますが、とはいえ食道粘膜の傷みや炎症が引いたとは断定できないのです。

肥満の状態というのは無論食事の栄養バランスや運動不足が素因ですが、同じボリュームのごはんであったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いを日常化することにより肥満(obesity)を招く結果になります。

今時の病院の手術室には、トイレや器械室、準備室(preparation room)を備え、オペ中に撮影するためのX線装置を設置しておくか、側にレントゲン撮影の専門室を設置するのが慣例だ。

大体は水虫といえばまず足を想像し、中でも足指の間に発症する病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、人の体ならどの部分にも感染するという危険性があります。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常によって引き起こされる発疹で、分泌が乱れる誘因としては男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが大きいと言われています。

アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品添加物などの物質を分解し、無毒化する機能の事を解毒と呼び、肝臓が果たしている大切な機能の一つであることは間違いありません。

学校や幼稚園のような大勢での集団生活をする時に花粉症の為に皆と一緒に外で思いきり運動できないのは、患者である子どもにとっても残念な事でしょう。

針を体に刺してもらう、という物体的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれるいわば電気信号の化学伝達をもたらすという見方が浸透しています。

最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、糖尿病といったありとあらゆる病の元凶となる恐れがあることをご存知でしょうか。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。