様々な花粉症の症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみ…

様々な花粉症の症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、そのために慢性の睡眠不足に陥り、翌日起きてからの諸活動に芳しくないダメージを及ぼすことも考えられます。

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値で診ることができますが、ここ2、3年肝機能が衰えている現代人の数が徐々に増えているということが危険視されています。

針を患部に刺す、という直接的な幾多の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスという通称の電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかという考えが浸透しています。

真正細菌のひとつである結核菌は、菌を保有している人が「咳」をすることによって外気に排出され、空気中でフワフワと移動しているのを他人が呼吸の際に吸い込むことで次々に感染していきます。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずに動かなくても使用してしまうエネルギー量のことであり、その大部分を身体中の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3つで消費するとのことです。

演奏会やライブなどの開催されるスペースやダンス広場などに設けられたものすごく大きなスピーカーの正面で大音量を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言います。

環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、要は輪っかのようなまるい形をした赤い色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚の病気の総合的な名前ですが、病因は全くもって多種多様ということで知られています。

杉の花粉が飛ぶ期間に、お子さんたちが体温はいつもと変わらないのにくしゃみを連発したり鼻水が止まない状態だったなら、その子は杉花粉症かもしれないのです。

吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血は喉から肺に続いている気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する症状で、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管からの出血のことを指します。

エイズウイルス、つまりHIVを含んだ血液や精液のほか、女性の母乳や腟分泌液などの体液が、看病する人などの粘膜や傷口等に触れれば、HIV感染の危険性が大きくなります。

インフルエンザ(流感)に適応している効果的な予防法や手当等の基本の措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであっても一緒なのです。

男性だけにある前立腺という生殖器は成長や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても大きく関係し、前立腺に出現したガンも同じように、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に影響されて成長してしまうのです。

今、若い世代で感染症の一種である結核に対しての力を保持していない人々の割合が高いことや、自己判断のために診断が遅れることが原因の集団感染及び院内感染が増えています。

開放骨折して大量出血してしまった際は、低血圧になって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの色々な脳貧血の症状が出現することもよくあります。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓に存在している解毒酵素の機能的な生成活動を支えているのではないかという可能性がわかってきたのです。

タマゴサミン サプリメント

SNSでもご購読できます。