物を食べる時は、食べる物を気軽に口へ入れて数十回咀…

物を食べる時は、食べる物を気軽に口へ入れて数十回咀嚼して飲み下すだけだが、その後身体はまことにまめに働き続けて異物を人体に取り入れる努力を続けているのだ。

HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持っている精液や血液の他、女性の母乳、腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口等に接触すると、HIV感染のリスクが大きくなります。

下腹の痛みがみられる代表的な疾患には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患等がみられます。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いので大気中のオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、肌に良くない影響をもたらしています。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気ではなくても症状が発生することがあるためさほど難しい心臓疾患ではないと考えられていますが、短期間で発作が再三起きるケースは危ないのです。

汗疱状湿疹(汗疱)は主に掌や足の裏、指と指の間などにプツプツとした水疱がみられる皮膚病で、基本的には汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出てくると水虫と混同されることが結構あります。

現在、比較的若い世代で咳が続く結核に対抗できる免疫(抵抗力)を持っていない人々が増加していることや、自己判断のせいで診断が遅れることなどに縁る集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えています。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の無理な浴び過ぎは皮膚の病気を起こすとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用することの禁止を強く推奨しています。

吐血と喀血はいずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血することであり、吐血は十二指腸よりも上部にある消化管から出血することを指しています。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まってしまい、血流が途切れ、大切な酸素や栄養が心筋に送られず、筋肉細胞自体が死んでしまう大変恐ろしい病気です。

鍼灸用の針を患部に刺してもらう、というフィジカルな程よい刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと言われている要は電気信号の化学伝達を誘発するという見解が一般的です。

ちょっとした捻挫だろうと自己判断して、湿布を貼って包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を終えたらすかさず整形外科医に診察してもらうことが、完治への近道となります。

過飲過食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、日常生活のストレス、加齢など多様な原因が集合すると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが悪くなったりして2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫などが象徴的で、進行すると、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全なども招く可能性があるということです。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保持しない一般の人でも取り扱える医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの手順通りに処置することで、心臓が細かく震える心室細動に対する応急処置の効き目をみせます。

タマゴサミン 解約

SNSでもご購読できます。