環状紅斑は輪状、すなわち輪っかのようなまるい形状を…

環状紅斑は輪状、すなわち輪っかのようなまるい形状をした真紅色の発疹や湿疹など、皮ふ症状の総称であって、理由はまったくもって様々だといえます。

アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れた約30日後、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に切り替わるような医薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界で知られているという現実があります。

めまいは無いのに、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返すケースを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するような事例もあるのです。

気が付くといつもゴロンと横向きになったままでテレビを視聴していたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日履くというようなことは身体のバランスが崩れる素因になります。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮圧し、様々な覚醒などをコントロールしており、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している人では機能が減少していることが科学的に証明されている。

脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が主因で生じる湿疹で、皮脂の分泌異常の要因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの不均衡やV.B.コンプレックスの慢性的な枯渇などが関わっているのです。

ハーバード大学医学部の研究によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上デカフェのコーヒーを飲めば、なんと直腸ガンの発病リスクを半分以上も減らせたとのことだ。

一度永久歯の周囲を覆っている骨を減らしてしまうほど症状の進んでしまった歯周病は、悲しいことに炎症そのものが沈静化したとしても、失った骨が元通りに復活するようなことはないのです。

花粉症というのは、森林のスギやヒノキ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を発症させる病気として知られています。

「あまりにも忙しい」「面倒くさい付き合いが多すぎる」「あらゆる技術やインフォメーションの著しい高度化になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積されてしまう原因は一人一人違います。

男性だけにある前立腺という生殖器はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密接に関係していますが、前立腺に発現してしまったガンも同じく、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの力で大きくなります。

不整脈の期外収縮は、病気ではなくても症状が出現することがあるため重大な心臓の病気ではないと考えられていますが、例外として発作が繰り返して起きる場合は危ないといえます。

折り目正しい穏やかな日常生活の維持、満腹になるまで食べないこと、続けられるスポーツ等、一見アナログともいえる健康についての注意点がお肌のアンチエイジングにも関係するということです。

子供の耳管の仕組みは、大人の耳管と比較すると太くて短めの形状で、尚且つほぼ水平になっているため、様々な菌が侵入しやすくなっているのです。大人より子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、この事が関係しています。

お年寄りや慢性的な持病を患っている方は、とりわけ肺炎にかかりやすくて治りにくいという特徴があるので、事前の予防や早めの処置が大事なのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。