環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、つまりはまる…

環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、つまりはまるい形状の紅色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総合的な病名で、病因はまさしく様々だといえます。

音楽会の開催場所や踊るためのクラブなどに置かれている大型スピーカーの正面で爆音を浴びて耳が聞こえづらくなってしまうことを「音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?

体を撫でることなどで、患者が猫のことをすごく愛おしいと感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを軽減したり心の癒しなどに繋がっているといわれています。

通常は水虫=足、ことさら足指の間にみられる皮膚病だという認識が定着していますが、白癬菌が感染する場所は足だけではないので、体の色んな部位にもかかる可能性があるのです。

基礎代謝量(kcal)は就寝中ではない覚醒状態で命を保っていく(心臓の鼓動、呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の保持等)ために必ず要る最も低いエネルギー消費量のことを指すのです。

道路交通事故や屋根からの滑落など、著しく大きな外力が身体にかかった場合は、複数個所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、ひいては臓器が破裂することもあり得ます。

もしも検査でやはりエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(早期閉経)と分かったら、足りていない女性ホルモンを足すような医術で改善が望めます。

お年を召した方や慢性的な病気のある方などは、一際肺炎になりやすく治るのが遅い傾向にあるため、常日頃から予防する意識や早めの処置が必要です。

クモ膜下出血(SAH)とはその8割以上が「脳動脈りゅう」という血管にできる不要なコブが裂けて脳内出血することが原因となって罹患してしまう深刻な脳の病気として知られるようになりました。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されていなくても、内臓の脂肪が多く付着してしまう種類のよくない肥満になってしまう事で、深刻な生活習慣病を招く可能性が高まります。

骨折によって大量に出血してしまった時は、血圧が下がって眩冒やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、気絶などの脳貧血の症状が出現するケースがあります。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促進する特徴が有名であり、血液の中のCa濃度を操作して、筋肉の動き方を調整したり、骨を生成します。

物を食べる時は、食べたいと感じた物をなんとなく口に運んで20回前後噛んで後は嚥下するだけだが、その後も人体はまことにまめに活動し食物を身体に取り込むように努めているのだ。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わって、平成24年9月1日より原則無料で受けられる定期接種となるので、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変更されています。

酒類に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、不快な二日酔いによく効く成分です。不快な二日酔いの誘因物質とみられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の無毒化にも力を発揮しています。

タマゴサミン 嘘

SNSでもご購読できます。