生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(…

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことによって、その膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることで発症してしまうタイプの糖尿病です。

高齢の人や病気を持っている方は、一際肺炎になりやすく治療が長引くというと言われているので、予防に対する意識や迅速な手当が大事です。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のASTやALT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値でモニターできますが、特にここ2、3年肝機能が減衰している現代人の数が明らかに増加傾向にあると報じられています。

基礎代謝というものは人間が何もしなくても使ってしまうエネルギー量のことで、その半分以上を身体中の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で使うということをご存知ですか?

強い痛みを伴うヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にある緩衝材みたいな役目をする椎間板という名称の柔らかい円形の組織がはみ出てしまった様子を指しているのです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まってしまい、血流が止まり、必要な酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞自体が死ぬという怖い病気です。

亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に関わっている特殊な酵素や、細胞・組織の生まれ変わりに欠かせない酵素など、約200種類以上の酵素を構築する要素として絶対に欠かせないミネラルの一つなのです。

ダイエット目的でカロリーを抑制する、食事を抜く、こんなライフスタイルを続けると必要な栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘発する事は、頻繁に言われているのです。

メタボとは断言されなくても、臓器に脂肪が付着しやすい性質の悪質な体重過多になる事に縁って、命にかかわるような生活習慣病を誘引しやすくなります。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、普通、人をガンから守る働きをする物質を作り出すための金型のような遺伝子の不具合によって罹患してしまう病気です。

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20~30代の男の人多い傾向があり、ほとんどの場合は股間部にのみ拡大し、走ったり、お風呂から上がった後など身体が熱くなった時に強い痒みに襲われます。

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が主因でもたらされる発疹で、皮脂分泌の異常の主因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の枯渇等が挙げられます。

PC使用時の小さなちらつきを和らげる専用眼鏡がいま最も人気を集めている理由は、疲れ目の消失にたくさんの方々が惹かれているからだと考えられます。

HMSの研究によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くデカフェコーヒーを代用すれば、なんと直腸がんの危険性を半分以上減少させることができたそうだ。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者しか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者以外にも高性能のマイクロホンをあてると感じることのできるタイプの「他覚的耳鳴り」があります。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。