生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(…

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が破壊されてしまったことで、あの膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなることによって発症してしまう糖尿病なのです。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を低減したり変異を誘発する人体に対する有害物質を体の中で解毒し、肝臓の役割を促す能力が認められているのです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の主因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンB複合体の枯渇などが関わっているのです。

耳の奥の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分類することができますが、中耳の近くに黴菌やウィルスが付着し、炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊すなど、肌に悪影響を与えています。

結核をもたらす結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって室内に放り出され、空気中でフワフワと浮いているところを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染していくのです。

世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の浴び過ぎが皮膚疾患を招く可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する行為の禁止を主に先進国に提起しています。

もし婦人科の検査で実際に女性ホルモンの量が少なくてPOFだと判明した場合、基準値に満たない女性ホルモンを補ってあげる治療方法で良くなることができます。

パソコンの細かなちらつきを抑えるPC専用のメガネが特に人気を集めている理由は、疲れ目の対策法にたくさんの人々が挑んでいるからだと思っています。

鍼灸の鍼を痛みの発生源に刺す、という直接的な複数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名の電気信号の伝達を招くと考えられているようです。

老化が原因の耳の聞こえ辛さではじわじわと聴力が低くなるものの、多くの人は還暦くらいまでは聴力の衰退をきちんと認識できないものです。

杉花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜しっかり眠れないと、それが素因になって慢性的な睡眠不足になり、次の日起きてからの行動性に良くない影響を与えることもあるのです。

前触れもなく発症する急性腸炎は、普通は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度台の高い発熱が通例だといえます。

脚気の症状としては、両手両足がしびれたり下肢の著しい浮腫などが代表的で、症状が進んでしまうと、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全なども招くことがあるのです。

外から眺めただけでは骨が折れているのかどうか判別できない場合は、違和感のある地点の骨を優しく指で圧してみてください。その部分に強い痛みを感じたら骨折の疑いがあります。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。