男性だけにある内臓の前立腺は生育や働きにアンドロゲ…

男性だけにある内臓の前立腺は生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても密接に関わっており、前立腺に発生してしまったがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の力で肥大化してしまうのです。

UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるためオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地上に届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊してしまうなど、皮ふに悪影響を与えるのです。

「体脂肪率」というのは、体の中の脂肪の占有する%を指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(weight、kg )×100」という式で算出することができます。

様々な花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、それが要因で睡眠不足になり、翌朝からの活動に悪影響を及ぼすこともあります。

体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖、新陳代謝に必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらのように活動をキープするために欠かすことができない栄養素までも乏しい状態にしている。

ともすると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「取り去らなければいけない」ものとされていますが、実際は、我々人間は色々なストレスを体験しているからこそ、生活することができています。

消化器科の領域である急性腸炎は、大体において腹痛・悪心・腹下しに見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染が原因の場合は相当ひどい腹痛・繰り返す嘔吐・下痢の他に高熱も出るのが見分けるポイントです。

現代の病院のオペ室には、W.C.や専用の器械室、準備室を備え、手術中に撮影するためのX線装置を置くか、そうでなければ近辺にレントゲン撮影のための専門室を設置しておくのが一般的だ。

クシャミや鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛ぶ量に比例するかのように酷くなってしまう傾向があるのです。

H17年以後新たに特保の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなキャッチコピーの記載が食品メーカーの義務となった。

通常の場合は骨折に至らない位の弱い圧力でも、骨のある決まった個所だけに幾度も連続して力が加わることにより、骨折が生じることがあるので気を付けましょう。

狭心症(angina pectoris)の外科的な措置ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という両方の手段が高い確率で利用されています。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査データによると、通常のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えれば、直腸癌の発症率を0.52減少させることができたそうだ。

外から観察しただけでは骨を折ったかどうか自信がない時は、怪我をしてしまった箇所の骨をゆっくり圧してみてください。もしその位置に強烈な痛みがあれば骨折の可能性があります。

汗疱とは主に手のひらや足裏、又は指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る病気で、一般にはあせもと呼び、足裏に出ると水虫と早とちりされることが多くあります。

タマゴサミン 腰痛

SNSでもご購読できます。