男性だけにある前立腺は活動や成長にアンドロゲン(男…

男性だけにある前立腺は活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密に関わり、前立腺に発現してしまった癌も同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きによって成長してしまうのです。

毎年流行するインフルエンザの予防方法や治療方針も含めた必ず行う対策というものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても新型インフルエンザでも変わらないのです。

20歳代、30歳代で更年期がやってくるとすれば、医学的に表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病気にあてはまります(この国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義付けています)。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果では、大人と比較して体の小さい子供のほうが飛散した放射能の深刻なダメージをより受けやすくなっていることが読み取れます。

パソコンの強い光を抑える効果のある眼鏡がことさら人気を集めている要因は、疲れ目の低減にたくさんの人が関心を寄せているからだと推測することができます。

基礎代謝(BM)とは人間が横になっていても燃焼してしまう熱量であり、5割以上を身体中の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・頭部の脳の3種類で占めると言われているようです。

V.D.は、Caが体に吸収されるのを促進するという特徴が特に有名で、血液の中のカルシウム濃度を調節して、筋肉の機能を適切に調節したり、骨を生成します。

トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる働きが一段と認識されてはいますが、それ以外に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが確認されています。

結核への対策は、1951年に制定された「結核予防法」に従う形で推進されてきましたが、半世紀が経過した2007年からはその他の感染症と一括りにして「感染症法」に準拠して実行されることに決定したのです。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロールなどとは違っており、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を防ぐ効果を発揮するのです。

悪性の腫瘍である卵巣がんは、普通、身体をがんから護る作用を持つ物質を生産するための型のような遺伝子が異常をきたすことで起こるというのは周知の事実です。

ピリドキサミンは、様々なアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するのに必要となる重要な回路に取り込むため、それ以上にクラッキングすることを助けるという動きもあります。

陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と称し、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻などの場所にうつってしまい、寄生する感染症のことで俗に言う水虫です。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞がダメージを受けてしまうことによって、結果として膵臓からインスリンがほぼ出なくなって発症してしまうという種類の糖尿病なのです。

好気性桿菌の結核菌は、患者が「せき」をすることによって空間に放り出され、空中にフワフワ移動しているのを今度は他の人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。

タマゴサミン 効果

SNSでもご購読できます。