目と目を合わせることで、本人がセラピーアニマルをと…

目と目を合わせることで、本人がセラピーアニマルをとても可愛らしいと思うと「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを軽くしたり精神のヒーリングなどに結びついているのです。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が動かなくても燃焼するエネルギーのことですが、大半を骨格筋・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で占めるということをご存知ですか?

バイキンやウィルスなど病気を連れてくる病原体(病原微生物)が口から肺の中へ進入し罹患し、左右どちらかの肺が炎症反応を見せている様を「肺炎」と呼ぶのです。

一般的には骨折しない程度のごく僅かな圧力でも、骨のある定まったエリアに幾度も続けてかかってしまうことで、骨折に至る事もあり得るようです。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体の中の脂肪が占有する歩合を指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という数式で表すことができます。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果により、注射の予防効果を見通せるのは、ワクチン接種を受けたおよそ2週後から約5カ月くらいということが分かりました。

最大の内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)は、狭心症を筆頭に色々な健康障害の誘因となる可能性があるのです。

塩分と脂肪の摂取過多を中止して無理しない程度の運動に尽力するだけでなく、ストレスの少ないような日常生活を続けることが狭心症の素因である動脈硬化を予め予防するコツだといえます。

「常に時間に追われている」「気を遣うお付き合いが嫌」「あらゆる技術や情報の進歩に付いていくのが大変」など、ストレスを感じやすい誘因は人によって違います。

体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がみられず、体重が食事・飲酒や排尿等によって一時的に増減するような時、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が高くなるのです。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、紫外線A波のデタラメな浴び過ぎは皮ふに健康障害を起こす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を強く提起しています。

エイズウイルス、すなわちHIVを持っている血液や精液のほか、母乳、腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分に接触する事で、HIVに感染する可能性が出てくるのです。

男性にしかない前立腺は生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても深く関わっており、前立腺に発生した癌も同様に、雄性ホルモンの機能によって大きく成長します。

2005(平成17)年2月以後新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文章を表記すること義務化した。

緊張型頭痛とは肩こりや首のこり、張りが素因の日本人に多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような頭痛」「ズドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と言われます。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。