突然発症する急性腸炎(acute enteriti…

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る位で済みますが、細菌性の場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38℃以上の高い発熱が見分けるポイントだといえます。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではない状態で生命活動を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持等)ために必要となる最低限のエネルギー消費量の事を指しているのです。

体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が見られないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿等により短時間で増減する際は、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すれば体脂肪率が上昇することがわかっています。

体を撫でることなどで、高齢者がセラピーアニマルを愛おしく感じることでホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレスを軽くしたり癒しに繋がっています。

アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異をもたらす人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の働きをより強める役目が確認されています。

内臓が脂肪過多になっている肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2~3項目に合致するような様子のことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と名付けています。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もしていなくても燃焼してしまう熱量のことで、大方を骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・脳の3つが使っているとのことです。

天然の化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質について、肝臓が分泌している解毒酵素の機能的な生産をサポートしているかもしれないという事が見えてきました。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な場合でも出現することがあるためさほど逼迫した心臓の障害とは限らないのですが、同じような発作が繰り返して発生する場合は楽観視できません。

強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間で緩衝材のような役目をする椎間板(ついかんばん)というやわらかい円形の組織が突出してしまった症状のことを指しています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると環状、つまりは輪っかのような円い形状をした紅色の湿疹など皮膚病の総称であって、因子は実に多種多様ということで知られています。

体を動かすのに必要なエネルギーとして瞬時に役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、過度の痩身ではこうした体をキープするために外すことができない成分までもを欠乏させてしまっている。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番代表的な中耳炎で子どもによくみられます。激しい耳痛や38℃以上の高熱、酷い鼓膜の腫れ、耳漏(みみだれ)などの耳の症状が現れるのです。

20歳代、30歳代で更年期になったとすれば、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という女性疾患のことを指します(日本の場合は40才未満の女性が閉経することをPOFと称しています)。

気分障害の一種であるうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ感、不眠、著しい疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの様々な症状が2週間以上続きます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。