耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山林の杉や檜などの大…

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山林の杉や檜などの大量に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの色々なアレルギー症状を呈する病気だということは、今や常識となりました。

もう歯の周りの骨を溶かしてしまうほど酷くなってしまった歯周病は、原則炎症自体が和らいだとしても、なくなった骨が元の量に再建されるようなことはないのです。

体重過多に陥っている肥満は無論摂取する食物の内容や運動不足が主因ですが、一緒の量のごはんであっても、せっかちに食べ終わる早食いを続ければ脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。

下腹部の激痛を特徴とする病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵巣の病気などがまず聞かれます。

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに合致するケースを、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しているのです。

「時間がない」「上っ面だけの人との付き合いが嫌でたまらない」「あらゆる先端技術や情報のめざましい高度化に追いつくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる因子は十人十色です。

環状紅斑とは環状、つまりはまるい形状の紅色の発疹や鱗屑など、皮ふ疾患の総称であって、素因は正に様々だといえます。

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、普通、人の体をガンにさせない作用をする物質を分泌するための型みたいな遺伝子の異常でかかってしまう病気だというのは周知の事実です。

トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ効果が殊に有名ではありますが、それ以外にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが認められています。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに替わり、2012年9月から原則無料で受けることのできる定期接種になることによって、注射するスケジュール管理の必要な個別接種に変わりましたのでご注意ください。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、身体のなかの脂肪が占める割合のことであって、「体脂肪率=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」という計算式によって分かります。

いんきんたむしとは、医学上では股部白癬と称されている、カビの一種の白癬菌が陰嚢、股部、お尻などの部位に感染し、定着した病気のことであり俗に言う水虫のことです。

アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了した1ヶ月後、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替わるような医薬品もあるほど、ジェネリックは世界各国で知られているのです。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無くなった後に市場に出回って、同一の成分で金銭的な自己負担が小さい(クスリの価格が安い)後発医薬品そのものです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番症例の多い中耳炎で小さな子どもに起こりやすい病気です。激しい耳痛や38度台の発熱、酷い鼓膜の腫れ、耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が出現するのです。

タマゴサミン サプリメント

SNSでもご購読できます。