肝臓をいつまでも健やかに維持するためには、肝臓の有…

肝臓をいつまでも健やかに維持するためには、肝臓の有害物質を分解する作用が落ちないようにすること、つまり、肝臓を老けさせない対策をコツコツと実践することが有効だと考えられます。

スギ花粉症などの緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが素因になって慢性的な睡眠不足になり、翌朝起床してからの業務に良くないダメージを与えることもあるのです。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の追跡調査のデータからは、大人と比較して体の小さい未成年のほうが漏れてしまった放射能の悪影響をより受容しやすくなっていることが判明しています。

触れあいなどで、入居者が猫のことをとても愛おしいと思った場合にオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを緩和したり心のヒーリングなどに繋がっているのです。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを助長する特長が知られていて、血液の中のCa濃度を操り、筋肉の働きを操ったり、骨を生成してくれます。

塩分や脂肪の摂取過多をやめた上で自分に合った運動に励み、ストレスのかかり過ぎない暮らしを続けることが狭心症を招く動脈硬化を事前に予防するポイントなのです。

暴飲暴食、体重過量、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、老化というような様々な誘因が集まると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。

気分障害の一種であるうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足した結果、不眠、強い憂うつ感、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が現れるのです。

30~39才までの間に更年期が来たとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(POF)」という病のことを指します(日本では40歳以下の女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(早期閉経)」と定義します)。

トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる機能が最も認知されてはいますが、これ以外にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりすることが確認されています。

体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿などによって短時間で増減する際、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少すれば体脂肪率が高くなることがわかっています。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる化学物質が、肝臓が分泌する解毒酵素の正常な産出活動を支えているかもしれないという新たな真実が明らかになってきました。

耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に大別することができますが、中耳の部分に様々な細菌やウィルスなどが感染し、炎症が誘発されたり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。

物を食べるという行動は、食べる物をなんとなく口に運んで約20回噛んで嚥下して終わりだが、その後体はまことによく活動し続けて異物を人体に取り入れるよう努力している。

肥満というのは勿論摂取する食物の内容や運動不足が誘因ですが、同量の食事であったとしても、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することにより体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く結果になります。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。