肝臓を健康に保つには、肝臓の毒素を分解する作用が低…

肝臓を健康に保つには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにすること、要は、肝臓の老化対策に地道に取り組むことが有効です。

30~39才の間に更年期が訪れたとすれば、医学的な用語で表現すると「早期閉経」という疾患を指します(我が国では40才以下の女性が閉経してしまう状態を「早発閉経(POF)」と定義付けています)。

「とにかく多忙だ」「わずらわしい色々な人間関係が苦手」「技術やインフォメーションのハイレベルな進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスを感じてしまう状況はみんな異なります。

昨今、若い世代で長期間咳が続く結核に抗える抵抗力、すなわち免疫力を保持していない人々の割合が高くなったことや、診断が遅れることが原因の集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。

ダイエット目的で摂取カロリーの総量を控える、あまり食べない、こうしたライフスタイルが結果として栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発する事は、多くの医療従事者が危惧されているのです。

アルコール、薬、化学調味料を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用を解毒と称しており、多機能な肝臓の果たす大切な活動の一つと言えるでしょう。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の効率的な製造活動を促進しているかもしれないという事実関係が見えてきました。

肥満の状態というのはあくまで食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが要因ですが、内容量は変わらないごはんであったとしても、かきこむように食べ終わる早食いをしていれば脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。

紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが体に吸収されるのを補助する作用が知られていて、血液中のカルシウム濃度を操作し、筋肉の働きを調整したり、骨を作り出します。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格のない人でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスに沿って扱うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動の絶大な治療効果を発揮してくれます。

アメリカやEU圏では、新薬の特許が満了してから30日後、市場の80%が後発医薬品に切り替わるような薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界に親しまれているという現実があります。

ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間にある緩衝材の役目を担っている椎間板(ツイカンバン)というやわらかい線維軟骨がはみ出てしまった様子のことを指します。

人間の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に大別されますが、この中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどが感染することで炎症が誘発されたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。

結核対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」にならう形で進行されてきましたが、56年後の平成19年からはこれ以外の感染症と供に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に準拠して行われることが決定しました。

ハーバード医大(HMS)の調査結果によると、通常のコーヒーと比較して1日2~3カップのノンカフェインのコーヒーを飲めば、恐ろしい直腸癌の危険性を約52%減らせたということが明らかになっている。

タマゴサミン アイハ

SNSでもご購読できます。