肝臓を元気な状態に維持し続けるためには、肝臓の解毒…

肝臓を元気な状態に維持し続けるためには、肝臓の解毒する力が衰退しないようにする、別言すると、肝臓の老化対処法をできるだけ早く実行することが効果的だと思われます。

薬や酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素により分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓が担っているとても重要な仕事の一つなのです。

「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「排除すべきもの」ものとされていますが、実の所、私たちヒトは多少のストレスを感じているからこそ、生活し続けることが可能になるのです。

高血圧(hypertension)の状態がある程度続くと、体中の血管に強い負担となり、全身至る所の色んな血管にトラブルがもたらされて、合併症を起こす見込が高まるのです。

くも膜下出血(SAH)とは80%以上が脳動脈りゅうと言われる脳内の血管にできた不要な瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまう事が理由となって引き起こされてしまう病として知られるようになりました。

我が国における結核への対策は、1951年に制定された「結核予防法」に拠って進行されてきましたが、2007年から数多くある他の感染症と同様に「感染症予防法」という名前の法律に沿って実行される運びとなったのです。

鍼灸の鍼を気になる所に刺す、という物体的な程よい幾多の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと称されるいわば電気信号の伝達を誘発するのではないかという見解が一般的です。

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふ疾患をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日焼けサロンを使うことの禁止を強く勧告中です。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、数多くの研究結果により、ワクチンの効果を予想できるのは、接種日のおよそ2週後から約5カ月間ほどだろうということが判明しました。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉に誘発され、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を主訴とする病気だということは、今や常識となりました。

汗疱(汗疱状湿疹)とは主に手のひらや足裏、指と指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が出る症状で、基本的にはあせもと言われており、足裏に出現すると足水虫と間違うことも多くあります。

ポリフェノール最大の機能は水溶性であるビタミンCや脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは性質が異なり、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があります。

植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓が持っている解毒酵素の機能的な創造をサポートしているという可能性が判明してきたのです。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍化させたり変異をもたらすような人体に有害な物質を体の内部で解毒し、肝臓の力を強める働きが認識されています。

耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか感じられないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者に加えて他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使用すると聞くことのできるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。