肥満(obesity)というのは無論栄養バランスや…

肥満(obesity)というのは無論栄養バランスや食生活の質、運動不足などが主因ですが、量は変わらないごはんでも、慌てて食べ終わる早食いを日常化することによって肥満の状態を招きやすくなるようです。

普通なら骨折を起こさない程の弱い圧力でも、骨の決まった部分だけに幾度も繰り返して次から次へとかかることにより、骨折へとつながることもあります。

吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というのは喉から肺をつないでいる気道からの出血のことで、吐血というものは無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血する状態を指します。

車の事故や作業現場での転落など、かなり強い力がかかった場合は、複数の地点に骨折が生じたり、開放骨折に至ったり、酷い時は内臓が破裂してしまうこともあるのです。

AEDというのは医療資格を有していない方にも使える医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの手順に沿って使うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する治療の効力をもたらします。

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値でモニタリングできますが、ここ2、3年肝機能が衰退している日本人が微増していると報じられています。

前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが非常に深く関係していて、前立腺のがんも同様、アンドロゲン(男性ホルモン)の機能によって大きくなってしまうのです。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、紫外線A波の浴び過ぎが皮ふの病気をもたらすとして、18歳以下の人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を主に先進国に推奨しています。

赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わって、平成24年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種となるため、小児科などの医療機関で個々に受けるになっています。

平成17年より新たにトクホ(特保)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文章の表示が義務となっている。

メタボリックシンドロームであるとは断言されなくても、臓器の脂肪が蓄積しやすい手合いの肥満症を持ってしまうことによって、命にかかわるような生活習慣病を起こす可能性が高まります。

体を維持するのに必要なエネルギーの源としてすぐに役立つ糖、細胞の生まれ変わりに欠かせないタンパク質など、過度の痩身ではこの活動をキープするために必ず要る栄養成分までも減らしてしまう。

もし婦人科の検査で予想通り卵胞ホルモンなどの分泌量が少なくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、不足している女性ホルモンを補ってあげる治療等で良くなります。

基礎代謝は人間が何もしていなくても必要なエネルギー量のことで、そのほとんどを全身の筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・脳の3つが消費していると言われているようです。

消化器科で診てもらう急性腸炎は、通常は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状がみられる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合はひどい腹痛・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高い発熱が特徴だといえます。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。