胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が…

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや受動喫煙・お酒・肥満等の生活習慣の質の低下、ストレスなどに縁って、現在日本人に多く発症している病気なのです。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、約1週間きちんとお薬を飲めば、押しなべて90%近くの人の自覚症状は良くなりますが、イコール食道の粘膜の発赤や炎症が根治したとは断定できないのです。

我が国における結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」に沿う形で実施されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは多くの感染症と等しく「感染症法」という名前の法律に従って実行されることに決まったのです。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促すという特質で広く知られており、血液中の濃度をコントロールして筋繊維の活動を適切に操作したり、骨を作り出したりします。

ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を抑える、ほとんど食べない、等のライフスタイルがひいては必要な栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性を誘引していることは、多くの先生方が問題視されています。

下腹部の疼痛をよく起こす主な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵管の病気等の病名が聞かれます。

心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭くなってしまって、血流が途絶え、酸素や大切な栄養が心筋に送られず、筋繊維自体が壊死するという大変怖い病気です。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内における脂肪が占めている割合のことであり、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で求めることができます。

ハーバード・メディカルスクールの研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して1日2~3杯のデカフェコーヒーに変えれば、なんと直腸がんの発病リスクを半分以上も減らせたのだ。

くしゃみに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを起こす花粉の飛ぶ量に追従しているかのように深刻になる特性があるというのは周知の事実です。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても起こることがあるためさほど難しい心臓の障害ではないにしても、発作が数回継続して起きるケースは危ないのです。

チェルノブイリ原発事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果をみると、大人に比べて体の小さい子どものほうが漏れた放射能の被害を受けやすくなっていることがわかっているのです。

汗疱とは掌や足裏、又は指の隙間などにプツプツとした水疱ができる皮膚病で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出現すると足水虫と間違うケースもよくあります。

季節性インフルエンザのワクチンでは、今までの研究により、ワクチンの効能が見通せるのは、ワクチン接種したおよそ14日後から約150日ほどということが明らかになりました。

必要な栄養を網羅した食事や運動は当然のことですが、健康増進やビューティーのために、サブに様々な種類のサプリメントを利用する事が珍しくなくなっているということです。

タマゴサミン amazon

SNSでもご購読できます。