胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pec…

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス手術」の両者の手術が活発に導入されています。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、元来、人の体をがんにさせない役目をする物質を産出するための金型ともいえる遺伝子の異常が引き金となり発症する病気だというのは周知の事実です。

高齢化が原因の耳の聞こえ辛さではじわじわと聴力が落ちますが、大半の人は60歳を超えないと耳の悪さをきちんとは自認できないのです。

環状紅斑というのは輪状、つまりは輪っかのようなまるい形をした赤っぽい発疹や鱗屑など、皮ふ症状の総合的な名前であり、誘因は本当に多種多様だということができます。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染から来ている場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高い発熱が違いです。

気が付くといつもゴロンと横向きのままでテレビを見つめていたり、頬に頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日のように履いたりという癖や習慣は身体の左右のバランスを乱れさせてしまう要因になります。

学校や幼稚園等の集団行動をするにあたって、花粉症の症状のせいでクラスの友達と同時に外で元気に動くことができないのは、当事者にとっても悲しい事でしょう。

「肝機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの値で分かりますが、ここ数年間で肝臓の機能が落ちている国民の数が増加していると報じられています。

抗酸菌の結核菌は、保菌者がゴホゴホと「咳」をすることで外気に飛び散り、空気中でふわふわと動いているのを違う誰かが吸い込むことで感染していくのです。

今時の病院の手術室には、W.C.や専用の器械室、手術準備室を設け、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設置しておくか、そうでなければ近距離にレントゲン撮影の専門室を付属させるのが一般的だ。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことですが、喀血というのは咽頭から肺に続いている気道(きどう、呼吸器)からの出血のことで、吐血というのは十二指腸より上部の消化管からの出血のことを示しているのです。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)や股間、お尻などの場所に感染し、棲みついた感染症の事であり俗に言う水虫です。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もしていなくても消費してしまうエネルギー量のことであり、その半分以上を全身の様々な筋肉・最大の内臓である肝臓・脳の3種類で消費していると考えられています。

エイズウイルス(HIV)を有している精液や血液のほか、母乳や腟分泌液等の体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分に触れることにより、HIV感染の危険性が大きくなるのです。

BMIを求める計算式はどこの国も共通ですが、値の評価基準は国ごとに少しずつ違っていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と広報しています。

タマゴサミン サプリ

SNSでもご購読できます。