胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pec…

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス手術」の双方の手術の方法がしきりに使われています。

素人判断では折ったのかどうか判別できない場合は、痛めてしまった所の骨をゆっくり突いてみてください。もしそのポイントに激しい痛みがあれば恐らく骨折だと思われます。

インキンタムシ(陰金田虫)は20代~30代の男性に多く、大抵は股間の辺りだけに広がり、全身運動をしたり、お風呂上りなど体が温まった時に強い掻痒感を招きます。

お酒に含まれるアルコールやお薬、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓の担う大事な仕事のひとつだと言えるでしょう。

四六時中ゴロンと横向きのままでテレビ画面を見ていたり、机の上で頬杖をついたり、踵の高い靴等を履くといった習慣的なことは身体の左右のバランスが崩れる要因になります。

侮ってはいけないインフルエンザに対応している予防法や医師による処置というような基本の対策自体は、それが例え季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。

フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質が、肝臓に存在している解毒酵素そのものの正常な製造を促進しているかもしれないという因果関係が判明してきました。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保有しない普通の人でも使える医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに応じて手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての治療の効き目を与えます。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも出現することがあるので緊急の心臓病とは限りませんが、発作が数回に渡って次々と起きる場合は危ないのです。

AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症のことであり、免疫不全を引き起こし些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍を発病してしまう病状のことを指し示します。

ダイエット目的でカロリーを抑える、十分食事を食べない、こんな暮らしが栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘引する事は、頻繁に危惧されているのです。

HIV、つまりエイズウイルスを保有している血液、精液をはじめ、唾液、母乳、腟分泌液等の体液が、看病する人等の粘膜や傷口などに接触すれば、HIVに感染する危険性が出てくるのです。

ロックのライブのおこなわれる会場や踊るためのフロアなどに据えられているとても大きなスピーカーの真横で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?

メタボとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が付いてしまう性質の体重過多になる事に縁り、命にかかわるような生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

学校や幼稚園などの集団行動に於いて、花粉症の症状のせいでクラスの友達と一緒に外で元気に活動できないのは、患者である子どもにとってもさみしいことです。

タマゴサミン ファーマフーズ

SNSでもご購読できます。