脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の…

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が要因で現れる湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす素因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が関わっています。

日本における結核への対策は、長年、昭和26年に生まれた「結核予防法」に拠っておこなわれてきましたが、2007年から他の数多ある感染症と同様に「感染症法」に沿って実行されることとなりました。

下腹の激しい痛みが主訴となる主な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名が聞かれるようです。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許切れの後に購入できて、新薬と変わらない成分で負担が少ない(薬の価格が廉価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関係している様々な酵素や、細胞・組織の交替に深く関係している酵素など、200種類以上存在する酵素の構成要素として大切なミネラルの一種なのです。

メタボリックであるとは言われなかったとしても、内臓脂肪が多めに付着してしまう性質の肥満症が存在する事に縁り、重い生活習慣病を誘引しやすくなります。

黴菌やウィルスなど病気を生み出す病原体(病原微生物)が口から肺の中へ侵入して発症してしまい、肺自体が炎症反応を露呈している有様を「肺炎」と称しています。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森のスギやヒノキ、ヨモギなどの様々な植物の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を主訴とする病気として知られています。

骨折したことによりかなり出血した際に、低血圧になって眩暈や冷や汗、悪心、座っていても起こる意識喪失などの脳貧血の症状があらわれる場合もあります。

腰などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の隙間にある緩衝材みたいな役目をしている椎間板という名称の柔らかい円形の線維軟骨が突出した様子を表します。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も症例の多い中耳炎で小さな子供によく発症する病気です。強い耳痛や38度以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などの様々な症状が出るのです。

学校や幼稚園などの大勢での集団生活をするに当たって、花粉症の症状が要因で友達と一緒に思いきり行動ができないのは、本人にとって残念な事でしょう。

汗疱というのは手の平や足裏、又は指と指の間などにプツプツとした水疱ができる皮膚病で、通常はあせもと言われており、足の裏に出ると水虫と勘違いされるケースもままあります。

ピリドキサミンには、様々なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー代謝のために必要となる重要な回路に取り込ませるため、輪をかけて化学分解することを促す働きもあると言われています。

基礎代謝は人間が横たわっていても燃焼するエネルギーのことを指していて、大方を体中の筋肉・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で使っていると考えられているようです。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。