脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂…

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常によって発病する湿疹で、分泌が乱れる主因としては性ステロイドホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の欠乏等が挙げられます。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器)から出血することで、吐血とは無腸間膜小腸より上部にある食道などの消化管からの出血のことを言い表しているのです。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒力がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種があるのです。

暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、遺伝、不規則な生活、肉体的なストレス、加齢といった多様な素因が合わさると、インスリン分泌が衰えたり、働きが鈍くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。

チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果において、体の大きな大人よりも体の小さな未成年のほうが漏れてしまった放射能のダメージをより受けやすいことは明らかです。

日本における結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に準拠して実施されてきましたが、半世紀が経過した2007年からその他の感染症とひとくくりにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って行われることに決まったのです。

ストレスがかかり、溜まるという原理や、有効な抗ストレス方法など、ストレスに関しての詳しい知識を保持している方は、さほど多くはありません。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭くなって、血流が途絶え、大事な酸素や栄養が心筋に送られず、筋細胞自体が壊死するという大変深刻な病気です。

BMIを求める計算式はどこの国も同じですが、数値の評価水準は国単位で違っていて、(社)日本肥満学会ではBMI22を標準体重とし、25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重と位置付けています。

スギ花粉が飛ぶ1月~4月の間に、まだ小さなお子さんが体温は普通なのに頻繁にクシャミしたりずっと鼻水が出続けているような状態なら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるかもしれません。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科手術では現在「大動脈バルーンパンピング」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術」のふたつの施術が活発に採用されています。

常日頃から肘をついて横向きになったままテレビを見つめていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日のように履いたりというようなことは身体の均衡を悪くする原因となります。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を下げたり変異を誘発する悪影響を及ぼす物質を身体の内部で解毒し、肝臓の能力を促す動きが確認されているのです。

物を食べるという行動は、食べたい物をなんとなく口へ運んで幾度か噛んで後は飲み込むだけだが、そのあと身体は実に律儀に活動し異物を人体に取り込むよう努めている。

もし婦人科の検査で残念ながらエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が足りず早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、不十分な女性ホルモンを足してあげる医術などで改善が望めます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。