脚気(かっけ)の症状は、主に四肢が無感覚になったり…

脚気(かっけ)の症状は、主に四肢が無感覚になったり脚のむくみなどが代表的で、発症から時間が経つと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全などを齎すことがあります。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であり、免疫不全へと至って些細な病原体が原因の日和見感染やガン等を複数発症する症候群そのものの事を総称しています。

BMIを求める式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価は国家単位で違いがあり、JASSOではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満を低体重と定義しているのです。

冠動脈の異常である狭心症の外科処置としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス手術」のふたつの治療が高い確率で使用されています。

ピリドキサールには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を活用するために必要な回路へ組み込ませるため、なお一層クラッキングするのを促進する動きもあります。

体脂肪量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿などにより一時的に増減するような場合、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少すると体脂肪率が高まることがわかっています。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わる新しい手段として、厚労省が接種を推奨する定期接種になるため、集団接種ではなく病院などで個々に受ける個別接種の扱いに変わります。

5-HT神経は、自律神経を調節したり痛みの鎮圧、覚醒現象などを司っていて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している方ではその働きが鈍いことが分かっているのだ。

基礎代謝というものは人間が動かずにじっとしていても使うエネルギー量のことであり、その5割以上を体中の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳が使っているのです。

男性だけにある前立腺は活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても大きく関係していますが、前立腺のがんも同様、アンドロゲンの働きによって成長してしまうのです。

うす暗い場所だと光量不足のため物が見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費され、日の差す場所でものを見るよりも疲れるのが早くなるのです。

ストレスがかかり、蓄積していくシステムや、便利で効果的なストレス対処法など、ストレス関係の正しい知識を学ぼうとする人は、現時点ではまだ多くないようです。

もし婦人科の血液検査で現実問題として女性ホルモンの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(POF)だと分かった場合は、足りない女性ホルモンを補充するような治療等で緩和できます。

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに当てはまるようなケースのことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。

急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・悪心・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌性の場合は激烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高い発熱が特徴なのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。