脳卒中のくも膜下出血は90%近くが「脳動脈瘤」とい…

脳卒中のくも膜下出血は90%近くが「脳動脈瘤」という脳内の血管にできる不必要なこぶが破裂して出血してしまうことが要因となって引き起こされてしまう死亡率の高い病気なのです。

肥満の状態は勿論あくまで食生活の内容や運動不足が要因ですが、量の変わらない食事だったとしても、急いで食べ終わる早食いを続ければ肥満(obesity)を招きやすくなるようです。

吐血と喀血は両方とも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とはのどから肺に続いている気道(呼吸器のひとつ)から出血する症状で、吐血というものは十二指腸よりも上の消化管から出血する症状のことを指しています。

「肝機能の悪化」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値によってモニタリングできますが、特にここ数年肝機能が充分ではない人々が明らかに増加傾向にあるということが分かっています。

欧米においては、新薬の特許が満了してから4週間後には、市場のおよそ80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるという薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は地球上に採用されているのです。

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている化学物質について、肝臓に存在する解毒酵素そのものの生産をサポートしているという新たな事実関係がわかってきたのです。

脳内の5-HT神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを鎮圧し、分泌物質の覚醒などを操作しており、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している人はその動きが鈍くなってることが広く知られるようになった。

様々な花粉症の症状(水っ洟、鼻づまり、クシャミ等)のために夜しっかり眠れないと、それが素因になって睡眠不足になり、翌朝目覚めてからのすべての活動に芳しくないダメージを及ぼすことも考えられます。

うつ病というのは副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの様々な症状が見られます。

栄養バランスの優れた食事や運動は当然のことですが、心身の健康や美のために、栄養を補うために数種類のサプリメントを服用する事が常識になっているということです。

お酒に含まれるアルコールやお薬、合成着色料を始めとした食品添加物等を酵素で分解して無毒化する事を解毒といい、多機能な肝臓が担っている最も大切な役目のひとつであることは間違いありません。

歳を重ねることが原因の耳の遠さはちょっとずつ聴力が低下していくものの、通常60歳を超えてからでないと耳の悪さをはっきり認識できないのです。

汗疱(汗疱状湿疹)とは掌や足裏、又は指と指の間などにちっちゃな水疱ができる疾患で、普通はあせもと言われ、足の裏に出来ると足水虫と思い込まれることもあります。

お酒に含まれるアルコールを分解する効果を持つナイアシンは、辛い宿酔に極めて有効です。宿酔の誘引物質とみられているエチルアルデヒドという化学物質の分解に作用します。

クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散する量に比例しているかのように深刻になってしまうという性質があるということが明らかになっています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。