腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と…

腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在する緩衝材に近い役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名称のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出てしまった症例の事を表しているのです。

汗疱状湿疹は手の平や足裏、指と指の間などにプツプツとした細かな水疱がみられる皮膚病で、おおむね汗疹(あせも)と呼び、足の裏に現れると水虫と思い込まれることも多くあります。

我が国における結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に沿う形で推奨されてきましたが、2007年から数多くある他の感染症と供に「感染症新法」に沿って行われることが決まりました。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持等)のに要る理論上のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。

アルコール、薬、化学調味料を始めとした食品への添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する活動を解毒と呼び、多機能な肝臓の担う代表的な働きの一つだと言えるでしょう。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常であれば人間の身体をガンから守る役目をする物質を作出するための鋳型みたいな遺伝子の不具合によって発病すると言われています。

春と秋に患者が増える花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が原因となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを生ずる病気なのです。

下腹の激しい痛みをよく起こす代表的な疾患には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、女性性器の疾患などの病名が挙がるようです。

「とにかく忙しい」「手間のかかる様々なお付き合いが嫌」「あらゆる技術やインフォメーションのハイレベルな進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスが蓄積されるシーンは人によって違います。

30~39才の間に更年期が来たとすれば、医学用語では「早期閉経(premature menopause)」という疾患に当てはまります(この国では40歳以下の女の人が閉経するケースを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と呼んでいます)。

V.B6は、様々なアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を活用するのに欠かせない回路へ導入するためにもっと細分化させるのを助長する機能もあると言われています。

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較して幅広で長さがあまりなく、しかも水平に近いため、ばい菌が侵入しやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎に罹りやすいのは、この事が関わっています。

多くの人に水虫といえば足をイメージし、特に足の裏や指の間に現れやすい病気だという認識が広まっていますが、白癬菌がうつるのは足しかないのではなく、体のどこにでも感染する恐れがあるので気を付けましょう。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に手や脚がマヒしたり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、病状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全を連れてくることがあるそうです。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の体の中の脂肪が占めている率のことであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、kg )×100」という計算式で把握できます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。