腹部の右上にある肝臓に脂肪(脂質)やコレステロール…

腹部の右上にある肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、狭心症等々いろいろなトラブルの元凶となるかもしれないのです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も症例の多い中耳炎で幼い子供に多くみられる病気です。強烈な耳痛や38度以上の発熱、酷い鼓膜の炎症、耳漏(みみだれ)などの色々な症状が出るのです。

内臓に脂肪が多く付いた肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2~3項目合致するような様子のことを、メタボと称しているのです。

クモ膜下出血(SAH)は90%近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできた不要なこぶが破れてしまう事が理由となって引き起こされてしまう脳の病気として認識されるようになりました。

ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3つに大別されますが、この中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどがくっ付いて炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、2012年9月1日から予防接種法で接種が推奨されている定期接種になるので、集団接種ではなく病院などで個々に受ける個別接種という形になりました。

緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝りや首こり、張りが因子の最も一般的な慢性頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛さ」「重いような鈍い痛み」と言われます。

毎日の規則正しい日常生活の維持、腹八分目の実行、続けられる体操等、古臭いとも思える自分の健康へのおこないが肌の老化防止にも活用されるといえます。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が切れてしまった後に発売されるもので、新薬とまったく同じ成分で負担分を低くできる(薬の価格が高くない)後発医薬品のことをいいます。

食事という行動は、食べようと思った物を気軽に口に入れたら数十回噛んで後は嚥下するだけだが、その後体はまことにまめに動き食物を体に取り込むよう努めている。

1回歯の周囲を覆っている骨を溶かすまでに時間の経ってしまった歯周病は、悲しいかな炎症自体が落ち着くことはあっても、失ったエナメル質が元の量に復活することはないのです。

通常の場合は骨折はしない位の小さな圧力でも、骨の同一のポイントだけに幾度も繰り返して連続してかかってしまうことによって、骨折が生じることがあるので気を付けましょう。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みの制圧、色々な覚醒などを支配しており、気分障害(鬱病)の方では作用が鈍化していることが証明されている。

素人判断では折ったのかどうかよく分からない時は、怪我をしてしまった位置の骨をそっと指で突いてみてください。もしそのポイントに激しい痛みがあれば骨折の疑いがあります。

世間では水虫といえば足をイメージし、中でも足指の間に発症する病気だと思われていますが、白癬菌が感染する所は決して足だけではないので、体中どこにでも感染してしまうという可能性があるので注意してください。

タマゴサミン 楽天

SNSでもご購読できます。