自分で外から見ただけでは骨を折ったかどうかよく分か…

自分で外から見ただけでは骨を折ったかどうかよく分からない時は、違和感の残る部位にある骨を優しく指で圧してみてください。もしその部分に強烈な痛みが響けば骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

今時の病院の手術室には、お手洗いや器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え付け、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を設けるか、そうでなければ近辺にレントゲン用の専門室を備えるのが一般的だ。

くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛んでいる量に比例するように悪くなるという傾向があるようです。

HIVを持つ精液、血液、女性の腟分泌液や母乳といった様々な体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に接触すると、HIV感染の危険性が大きくなるのです。

「とにかく多忙だ」「粘着質な様々な付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの著しい高度化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを受けてしまう状況は一人一人異なります。

常識で考えると骨折しない程度のごく小さな力でも、骨の同一の部分に複数回にわたって次から次へと力が加わることで、骨折へとつながることがあるので気を付けなければいけません。

ストレスが蓄積してしまう原理や、便利で有用なストレスのケア方法など、ストレスに関して初歩的な知識を学んでいる人は、そんなに多くはありません。

ハーバード大学医学校の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインレスコーヒーに変えることで、なんと直腸癌の危険性を0.52減らせたそうだ。

下腹部の激しい痛みを特徴とする代表的な病気には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性特有の病気などがよく挙がるようです。

くも膜下出血(SAH)は9割近くが「脳動脈瘤」という脳の血管にできる不要なコブが破裂して脳内出血する事で罹患してしまう深刻な病気として知られるようになりました。

多くの人に水虫といえば足を連想し、こと足の裏に発症する病気だと捉えられていますが、白癬菌にかかるのは足だけということはなく、人の体ならどの部分にもかかるという可能性があるのです。

体脂肪の量には変化が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などで短時間で増減するような時、体重が増加した人は体脂肪率は低下し、体重が減少すると体脂肪率が上がることがわかっています。

吐血と喀血はいずれも口から血を吐くことですが、喀血は喉から肺をつなぐ気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する症状で、吐血は十二指腸より上部にある消化管から出血する状態を指しています。

ものを食べるという行為は、食べたいと感じた物を気軽に口へ運んで約20回噛んで飲み下すだけに思われがちだが、そのあと人体はまことによく動き続けて異物を体に取り入れる努力をしているのだ。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、手先や足先がマヒしたり下肢の浮腫などが一般的で、発症から時間が経ってしまうと、残念なことに、心不全を起こすことがあります。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。