自動車事故や山での滑落など、大きな外力が身体にかか…

自動車事故や山での滑落など、大きな外力が身体にかかった場合は、複数の位置に骨折がみられたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、酷くなると臓器が負傷してしまうこともあるのです。

緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝りが誘因の肩凝り頭痛で、「頭を締め付けられるような強い頭痛」「ドーンと重苦しいような痛さ」と言われることが多いようです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が主因で出現する湿疹で、分泌が異常をきたす因子としてはアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの不足などが大きいと言われています。

流行性感冒、即ちインフルエンザに対応した予防策や医師による手当というような原則施される対処策というものは、季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでも一緒です。

バイ菌やウィルスなど病気を連れてくる病原微生物、すなわち病原体が肺の中に進入し発症し、肺の内部が炎症反応を起こした様子を「肺炎」と総称しています。

鍼灸針を皮膚に刺してもらう、というダイレクトな刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと言われるいわば電気信号伝達を招くという見方が浸透しています。

BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も一緒ですが、数値の評価水準は国ごとにそれぞれ違っており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重としているのです。

拡張期血圧90以上の高血圧が長期間続くと、身体中の血管に強い負荷がかかった挙句、体中至る所のあちらこちらの血管に障害が発生して、合併症を発症してしまう率が大きくなるのです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で小さな子どもに多くみられる病気です。耐え難い耳の痛みや熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などの色々な症状が出ます。

もう既に歯の周りの骨を浸食するほど症状の進んでしまった歯周病は、多分炎症が沈静化することがあっても、エナメル質が元の量に構築されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。

薄暗い所では光量不足によって見えにくくなりますが、より瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが必要になってしまい、明るい場所でモノを眺めるより疲れやすいです。

ハーバード大学医学校の調査によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯のカフェインの除去されたコーヒーを飲用すれば、恐ろしい直腸癌の発生リスクを5割も減少させることができたとのことだ。

亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に働く特別な酵素や、細胞や組織の交替に関わる酵素など、200種類以上も存在する酵素の構築成分として非常に重要なミネラルの一種だといわれています。

日々の折り目正しい日常生活、満腹になるまで食べないこと、続けられる体操など、アナログともいえる自分の身体への配慮が皮ふの老化防止にも関わっているということです。

「肝機能の低下」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によって確認できますが、ここ数年の間に肝機能が落ちている国民の数が徐々に増加しているということが分かっています。

玉子サミン アイハ

SNSでもご購読できます。