通常の場合は骨折しない位の小さな圧力でも、骨のある…

通常の場合は骨折しない位の小さな圧力でも、骨のある定まった部分だけに複数回にわたり次から次へと力が加わると、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けなければいけません。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌性の場合はものすごい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度台の高い発熱が相違点だといえます。

内臓が脂肪過多になっている肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2~3項目に一致するような事例を、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けています。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が誘因で出る湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが関わっています。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)異なっており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を発揮するのです。

メタボリックシンドロームであるとは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が多く付いてしまうようなタイプの悪い肥満を抱えることにより、辛い生活習慣病を誘引しやすくなります。

目と目を合わせることで、患者がセラピードッグのことをすごく愛おしいと感じる時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌された結果、ストレスを低減したり癒しに繋がっているといわれています。

脂溶性であるビタミンDは、Caが吸収されるのを促すという作用で知られており、血液中のCa濃度をコントロールし、筋繊維の動き方を調整したり、骨を作ったりしてくれます。

お薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の成分を特殊な酵素で分解して無毒化する作用の事を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の最も重要な任務の一つだということは間違いありません。

吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器)から血が出る症状で、吐血の方は無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出る病状を指します。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月より原則無料で接種できる定期接種となるため、集団接種ではなく小児科などで注射するスケジュール管理の必要な個別接種の形に変わりましたのでご注意ください。

軽傷の捻挫だと勝手に自己判断して、包帯やテーピングテープなどで患部を適当に固定し、様子を窺うよりも、応急処置をしてからただちに整形外科で診察してもらうことが、完治への近道になるでしょう。

過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、人間関係などのストレス、加齢というような複数の原因が組み合わさると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。

グラスファイバーで作られたギプスは、丈夫で軽量でとても長持ちし、濡らしてしまってもふやけずに使用できるという長所があり、今の日本のギプスの中でも王道と言っても過言ではありません。

常在細菌であるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めてきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在するのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。