過食、体重過量、喫煙、運動不足、心身両面のストレス…

過食、体重過量、喫煙、運動不足、心身両面のストレス、高齢化など様々な因子が合わさると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患することになります。

ポリフェノール最大の機能は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ効果をいかんなく発揮するのです。

健康を推進するWHOは、有害な紫外線A波の浴び過ぎが皮ふ疾患を起こす可能性が高いとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を広く世界中に求めている最中です。

痩せたいがために摂取カロリーの総量を抑える、食べる量が少ない、こういった暮らしが結果的に必要な栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘引する事は、頻繁に言われていることなのです。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に四肢が痺れるような感覚があったり下肢の浮腫などがよく起こり、発症から時間が経つと、最悪の事態では心不全を併発する可能性があるようです。

春に患者が増える花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの様々な植物の花粉が元凶となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などの辛いアレルギー症状を呈する病気として知られています。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の男性に多い傾向があって、大抵の場合は股間の周辺だけに拡大し、激しく運動したり、入浴後など身体が温まった時に強烈な掻痒感に襲われます。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて煙草を飲む事・アルコール類・肥満症などの生活習慣が変化したこと、ストレス等により、殊に日本人に増加しつつある疾患の一種です。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹・発赤で、分泌の異常の要因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの乱れやV.B.コンプレックスの不足等が考えられます。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに関係する酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する要素として欠かせないミネラルの一種です。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言われている、カビの一種である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、臀部などに何らかの理由で感染し、寄生してしまった感染症の事であり簡単に言うと水虫のことです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは目が覚めている状態で命を維持する(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに欠かせない最も小さいエネルギー消費量の事を指しているのです。

ご高齢の方や慢性的な病を持っている人などは、目立って肺炎を発病しやすく完治までに時間がかかる特徴があるので、常日頃の予防や早めの処置が大切です。

スギの木の花粉が飛ぶ頃に、乳幼児が体温は平常なのにくしゃみを連発したりずっと鼻水が出続けている症状なら、残念ながら杉花粉症の可能性があるかもしれません。

音楽の公演の開催されるホールや踊るためのクラブハウスなどに備えられているすごく大きなスピーカーの隣で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性聴器障害」と呼んでいます。

タマゴサミン ラジオcm

SNSでもご購読できます。