酒類に含まれるアルコールを分解する特徴のあるナイア…

酒類に含まれるアルコールを分解する特徴のあるナイアシンは、辛い二日酔いに極めて有効です。ゆううつな宿酔の根源物質といわれるエチルアルデヒドという化学物質の無毒化にも関わっているのです。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を招く人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の能力を強化するような能力が確認されています。

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、心身のストレス、高齢化などの複数の原因が合わさると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かなくても燃焼するエネルギーのことで、その5割以上を様々な筋肉・最大の臓器である肝臓・頭部の脳が使うということをご存知ですか?

食事という行為は、食べようと思った物をなんとなく口に運んで20回前後噛んで後は飲み下すだけだが、その後も人体はまことにまめに動き続けて食物を身体に取り込むよう努力しているのだ。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されていなかったとしても、内臓に脂肪が付着するようなタイプの肥満症を持つことに縁って、いろんな生活習慣病を発症しやすくなります。

汗疱というのは主に掌や足裏、または指と指の間などに細かな水疱がみられる症状で、一般にはあせもと呼び、足裏に出来ると足水虫と早とちりされることが結構あります。

抗酸菌のひとつである結核菌は、感染している人が「せき」をすることによって外気の中に振りまかれ、空中にフワフワ移動しているのを違う人が吸い込むことによりどんどん感染していきます。

高齢化による耳の遠さでは段々聴力が低くなるものの、大体は60歳くらいまでは聴力の衰えを確信を持って自覚できないものです。

70才以上の高齢者や慢性的な病気のある方などは、一際肺炎を発症しやすくて治療が長引くという特徴があるので、予め予防する意識や早め早めの手当が重要だといえます。

若年層で感染症のひとつである結核に抗う抵抗力の無い人々が増加したことや、自己判断のせいで診断が遅れることが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増えていると言われています。

年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、強い倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の危険な症状が心身に現れるのです。

インフルエンザ(流感)に対応している予防術や医師による手当など必ず行う対処策は、それが季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザでもほぼ変わりません。

めまいが確認できず、不愉快な耳鳴りと難聴のみを何回も発症するケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と呼ぶような場合があるようです。

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に大別することができますが、中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどが付着し、発赤等の炎症が発生したり、体液が溜まる病を中耳炎と呼びます。

タマゴサミン 効果

SNSでもご購読できます。