針を気になる所に刺す、という物的な多数の刺激は、神…

針を気になる所に刺す、という物的な多数の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスと呼ばれる要は電気信号の伝達を起こすのではないかと考えられているのです。

ともすると「ストレス」は、「なくすもの」「取り去らなければいけない」と判断しがちですが、実を言うと、我々は多種多様なストレスを抱えるからこそ、生活していくことが可能になっています。

もしも婦人科の検査でやはり卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回り早期閉経(premature menopause)だと判明した場合は、基準値に満たない女性ホルモンを補填してあげる手当などで緩和することができます。

不整脈の期外収縮は、特に病気ではなくても症状が出ることがあるためさほど難しい心臓疾患とはいえませんが、発作が数回に渡って相次いで発生する場合は楽観視できません。

何か物を食べる時は、食べ物を気軽に口に入れたら何度か咀嚼して飲み込んで終わりだが、その後人体は実によく動き続けて異物を人体に取り込むよう励んでいる。

昨今、比較的若い世代で感染症である結核に対抗できる免疫力を持っていない人々の割合が高くなったことや、早合点のせいで診断が遅れることによる集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。

パソコン画面の青っぽい光を低減する眼鏡がことさら人気を博しているのは、疲れ目の対策法に大勢の方が四苦八苦しているからだと考えられます。

H17年2月から新しく全てのトクホの外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との日本語の記載が食品メーカーの義務となった。

お薬、アルコール、合成された食品の添加物などを酵素によって分解し、無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の担う主要な活動の一つだと言えるでしょう。

20歳代、30歳代で更年期が来たとすれば、医学用語では「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(我が国の場合40歳未満の女の人が閉経する状態を「早期閉経」と呼んでいます)。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が横になっていても使う熱量のことであり、半分以上を身体中の骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・脳の3種類が占めているとのことです。

耳の奥の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に大別されますが、中耳のところに黴菌やウィルスなどがうつることで炎症がみられたり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。

環状紅斑とは環状、つまりは輪っかのような円い形をした紅っぽい湿疹など皮膚病の総称であって、素因は全くもって多種多様ということで知られています。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常により発病する湿疹で、分泌がおかしくなる因子としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの崩れ、ビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが考えられているのです。

くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散している量に沿って深刻化する性質があるということが明らかになっています。

タマゴサミン アレルギー

SNSでもご購読できます。