陰金田虫というのは、医学的には股部白癬(コブハクセ…

陰金田虫というのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と称し、白癬菌というかびが股部、陰嚢(いんのう)、尻などの部位に感染してしまい、棲みつく感染症で俗に言う水虫のことです。

欧米諸国おいては、新薬の特許が満了してから約30日後、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるというクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界に浸透しているのです。

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、心身のストレス、高齢化などの複数の素因が絡むと、インスリン分泌が少なくなったり、機能が悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。

バランスの取れた食生活やスポーツは当然のこととして、肉体や精神の健康やビューティーを目的とし、特に欲しい栄養を補うために数種類のサプリメントを服用する行為が常識的になったようなのです。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異をもたらす人体に害のある物質を身体の内側で解毒し、肝臓の働きを促すような特性が認められているのです。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格のない方にも使う事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの通りに扱うことで、心室細動に対する応急処置の効果をみせてくれます。

最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞を始めとするいろんな合併症の元凶となる可能性があることをご存知でしょうか。

鍼灸用のハリを体に刺してもらう、という物理的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名前のいわば電気信号伝達を引き起こすのではないかという考えが浸透しています。

日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を支える性能で有名で、血液中のカルシウム濃度を調節し、筋繊維の動きを適切に調節したり、骨を作ります。

ロックミュージシャンのコンサートの開催される施設や踊るためのクラブハウスなどに設けられた大音量スピーカーの近くで爆音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいます。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側が狭まってしまって、血流が途絶え、欠かせない酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞自体が壊滅状態になる大変重い病気です。

めまいは出ないのに、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴だけを幾度も発症する症例を「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断することもあることは意外と知られていません。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に購入できる、等しい成分で負担が少ない(薬の代金が安い)後発医薬品のことを意味しています。

ともすると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」と敬遠しがちですが、実を言うと、我々人間は様々なストレスを経験するからこそ、活動し続けることができているのです。

いんきんたむしという病気は20代~30代の比較的若い男性に多く、原則として股間の周辺だけに広がり、全身運動をしたり、入浴した後など身体が温まった時に猛烈な掻痒感を感じます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。