陰金田虫とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼…

陰金田虫とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼び、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)、股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生してしまった病気のことで俗に言う水虫のことです。

学校など大規模な集団生活で、花粉症の症状が要因で他の皆と同様に外で思う存分動くことができないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。

ストレスが溜まるメカニズムや、便利で効果的な抗ストレス法など、ストレス関連の適切な知識を学んでいる人は、さほど多くはありません。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最もよくある中耳炎で比較的子どもに起こりやすい病気です。耐え難い耳痛や38℃台の発熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(耳だれ)などがみられます。

エイズウイルス、つまりHIVを含んでいる精液、血液を始め、母乳や腟分泌液といった類の体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口等に触れた場合、HIVに感染する危険性が高くなります。

現在、若年層で結核菌(けっかくきん)に対抗できる抵抗力を保有していない人々が増加していることや、早合点のために診断が遅れることなどが原因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えています。

高血圧(hypertension)が長期間継続すると、血管に強い負荷がかかった挙句、身体中の色んな血管にトラブルが起こって、合併症を誘引する可能性が拡大するのです。

めまいが診られず、しつこい耳鳴りと難聴のみをいつまでも繰り返す症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶ症例がままあります。

1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、膵臓からはインスリンがほぼ分泌されなくなってしまって発病してしまうという糖尿病なのです。

杉花粉症などの病状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが主因で睡眠不足の状態に陥り、翌日起きてからの行動性に芳しくない影響を及ぼすことがあります。

汗疱状湿疹(汗疱)は主に手のひらや足裏、指の隙間などに小さめの水疱ができる疾患で、通常は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に現れると水虫と勘違いされることもあります。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろんですが、体の健康や美を目的として、目当ての栄養を補うために色々な種類のサプリメントを摂る事がおかしくなくなってきているのです。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、1週間もちゃんとお薬を飲めば、一般的に9割近くの患者さんの自覚症状は消え去りますが、さりとて食道粘膜のダメージや炎症が完全に引いたとは言い切れません。

過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、老化というような複数の誘因によって、インスリンの分泌量が減ったり、機能が鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。

緊張性頭痛というものは肩凝りや首こり、張りが素因の最も多いタイプの頭痛で、「締め付けられる頭痛」「重くてたまらないような耐え難い痛みと表現される症状が特徴です。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。