陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学上では股部白癬…

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学上では股部白癬と言われている、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に何らかの理由で感染し、棲みついた病気のことで簡単に言うと水虫です。

脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」と言われる血管にできた不要な瘤(こぶ)が破れてしまう事が理由となって発病する命にかかわる深刻な病気だという知識を多くの人が持っています。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を鈍化させたり突然変異をもたらすような害のある物質を体の中で解毒し、肝臓の動きを強める性質が判明しているのです。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている特別な酵素や、細胞や組織などの代謝に関わる酵素など、200種類以上も存在する酵素の構成要素として非常に大切なミネラル分だといわれています。

バイキンやウィルスなどの病気を引き起こす微生物、即ち病原体が肺の中に入り込んで発症し、肺全体が炎症を起こしてしまっている有様を「肺炎」と診断しています。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があり、オゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊してしまうなど、皮膚に良くない影響を与えるのです。

メタボリックシンドロームとは断言されていなくても、内臓脂肪が多く溜まりやすいパターンの悪い肥満になる事に縁り、様々な生活習慣病を引き起こしやすくなります。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持たない一般人でも扱える医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの指示通りにケアすることで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する応急処置の効き目を与えます。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が無くなってしまった後に購入できる、新薬に等しい成分で自己負担分の小さな(薬の代金が高価ではない)後発医薬品のことをいいます。

前触れもなく発症する急性腸炎は、大体において腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌性の場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが見分けるポイントです。

眩暈がなく、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状を幾度も繰り返すケースを「蝸牛型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」というような事例があるようです。

ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCやV.E.などとは異なっており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を発揮するのです。

胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事の欧米化や受動喫煙・嗜好品・体重過多等のライフスタイルの乱れ、ストレスなどにより、ことさら日本人に多く発病している疾患です。

高熱が特徴のインフルエンザに適応している予防法や医師による治療など、このような基本の対策そのものは、季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても変わらないのです。

加齢が原因の難聴においてはなだらかに聴力が低下していくものの、一般的に還暦過ぎまでは聴力の衰退をしっかりと自覚できないものです。

タマゴサミン サプリ

SNSでもご購読できます。