音楽の公演の開催される施設やダンスするための広場な…

音楽の公演の開催される施設やダンスするための広場などに設置された巨大なスピーカーの近くで爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?

細菌やウィルスなどの病気を連れてくる病原微生物、すなわち病原体が肺の中へ忍び入り発病し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を露呈している境遇を「肺炎」と総称しています。

メタボリックであるとは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が付く種類の悪い肥満が確認されることにより、あらゆる生活習慣病を発症しやすくなります。

日本における結核への対策は、長年、1951年に誕生した「結核予防法」に拠って行われてきましたが、2007年から違う感染症とひとくくりにして「感染症予防法」という法律に基づいて実行されることに決定しました。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫などが標準で、病状が進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全を招く可能性があるようです。

1回永久歯の周囲のエナメル質を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、あわよくば進行具合そのものが和らぐことはあっても、エナメル質が元の量に戻るようなことはないと言われているのが現状です。

汗疱というのは主に手のひらや足裏、指の隙間などに細かい水疱がみられる病状で、一般にはあせもと言われており、足の裏に出現すると足水虫と思い込まれることが多くあります。

体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖分、新陳代謝に必要な蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこんな体調を保障するために絶対欠かせない栄養成分までも減少させてしまう。

食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒が強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられるのです。

素人判断では折ったのかどうかよく分からない時は、怪我をしてしまった位置の骨を弱めに突いてみてください。もしそのポイントに強い痛みが響けば骨折の疑いがあります。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20~30代の男性多く、ほぼ股間部だけに広がり、身体を動かしたり、お風呂上りなど体が熱くなった時に猛烈な掻痒感に苦しみます。

「いつも時間に追われている」「手間のかかる様々なお付き合いが多すぎる」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進化になかなか付いていけない」など、ストレスを受けやすいシーンは人によって違います。

体脂肪の量には変動が見られず、体重が食物の摂取や排尿等で一時的に増減する際、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上昇します。

抗酸菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることによって空中に排出され、空中にフワフワ流されているのを今度は他の人が呼吸の際に吸い込むことによって感染していくのです。

鍼灸のはりを患部に刺す、という物体的な複数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名称のいわば電気信号伝達を誘引すると言われているのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。