食べ過ぎ、体重過量、運動不足、遺伝、精神的・肉体的…

食べ過ぎ、体重過量、運動不足、遺伝、精神的・肉体的なストレス、老化など様々な因子が集合すると、インスリンの分泌量が減ったり、機能が衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症します。

外から眺めただけでは骨が折れているかどうか自信がない時は、怪我をした所にある骨をごく弱い力でプッシュしてみて、もしその部位に強烈な痛みが響けば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬という病名を持ち、かびの一種である白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、棲みついてしまう感染症の事であり簡単に言うと水虫のことです。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や足がマヒしたり下肢の浮腫などがよく見られ、発症から時間が経つと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全も発症する可能性があるのです。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手の平や足の裏又は指と指の間などにプツプツとした細かな水疱が現れる病気で、通常は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に現れると水虫と勘違いされることがよくあるようです。

子供の耳管の仕組みは、大人のそれに比べて幅が広く短くなっており、しかも水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっています。小さな子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが関わっています。

脂溶性であるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助長するという作用が知られており、血液の中のカルシウム濃度を調節し、筋肉の働きを調整したり、骨を生成したりしてくれます

食事をするときは、食べようと思った物を気軽に口に入れたら何度か咀嚼して飲み下すだけだが、その後身体は本当によく働き続けて食物を体に取り入れるように努めているのだ。

ポリフェノールで最も有名な特長は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる効果を持っているのです。

四六時中肘をついて横向きになったままテレビ画面を見ていたり、思いっ切り頬杖をついたり、踵の高い靴などをよく履くという癖や習慣は身体の均衡が悪くなる大きな誘因になります。

AEDというものは医療資格のない方にも扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に沿って処置することで、心臓の心室細動の緊急処置の効果を発揮してくれます。

突然発症する急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・悪心・下痢を伴う程度ですが、細菌感染による腸炎の場合はものすごい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高熱が出るのが違いだといえます。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わって、平成24年9月1日より原則無料で受けられる定期接種となるので、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わりました。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常が主因でもたらされる発疹で、皮脂分泌が異常をきたす誘因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡やリボフラビンなどビタミンB群の不足などが関わっています。

メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が多く溜まる性質の悪い体重過多になるということで、色々な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。

タマゴサミン ポイント

SNSでもご購読できます。