食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な…

食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、肉体的なストレス、老化などの様々な原因が絡むと、インスリン分泌が鈍化したり、働きが衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。

アルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに大変有効です。宿酔の誘因物質とみられる酢酸アルデヒドという化学物質の分解にも携わっているのです。

「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「除去しなければいけない」ものと考えがちですが、実際は、私たち人は多種多様なストレスを経験しているからこそ、生活することに耐えられるようになっています。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の体内の脂肪が占めている割合であって、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重×100」という数式によって表すことができます。

子どもの耳管の特徴は、大人に比べて太めで短めの形状で、しかも水平に近いため、細菌が進入しやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎に罹患しやすいのは、この事が関係しています。

最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病に始まるありとあらゆる健康障害の誘因となる可能性が高いといわれています。

自分で外から観察しただけでは折ったのかどうか判別できない場合は、ケガをしてしまったところの骨をごく弱い力で触れてみてください。その箇所に激しい痛みを感じたら恐らく骨折だと思われます。

ただの捻挫だと決めつけてしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで固定し、様子を見るよりも、応急処置を施してからすかさず整形外科の医師に診察してもらうことが、結局は根治への近道だといえるでしょう。

食事という行動は、食べようと思った物をなんとなく口へ運んで数回咀嚼して飲み込んで終わりだが、その後身体は実に健気に動き続けて異物を人体に取り入れる努力をし続けているのだ。

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を整えたり痛みのブロック、あらゆる覚醒現象などを操作しており、鬱病に罹患している人では機能が落ちていることが証明されている。

基礎代謝量(kcal)とは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持する(鼓動、呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の保持等)のに欠かせない基礎的なエネルギー消費量のことを指します。

肝臓を健やかな状態に維持し続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにする、別言すると、肝臓を老けさせない対策をコツコツと実践することが必要でしょう。

グラスファイバー製のギプスは、大変強靭で重くないのに長く使うことができ、シャワーなどで濡れてもふやけずに使えるという長所があり、今の日本のギプスのメインでしょう。

通常は水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏に発症する皮膚病として知られていますが、白癬菌が感染する部位は足だけではなく、体のありとあらゆる部位にうつってしまうという恐れがあります。

バイキンやウィルスなどの病気を引き起こす病原微生物、即ち病原体が口から肺に潜り込んで伝染し、肺の中が炎症反応を呈示した有様を「肺炎」と称しています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。