食事という行為は、食べたいと感じた物を気軽に口へ運…

食事という行為は、食べたいと感じた物を気軽に口へ運んで20回前後噛んで飲み込んで終わりだが、その後も身体は実に健気に動き続けて食物を身体に取り込むよう励んでいる。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも発生することがあるため珍しい心臓の障害ではないにしても、例外として発作が繰り返して起こる時は楽観視できません。

結核対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」に拠っておこなわれてきましたが、56年後の平成19年から他の数ある感染症と一まとめにして「感染症予防法」に従って行われることが決まりました。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科治療としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」の双方の治療方法が高い頻度でおこなわれています。

もしも婦人科の検査で残念ながら女性ホルモンの分泌量が少なくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かったら、少ない女性ホルモンを補填する処置で緩和することができます。

薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品への添加物等を酵素によって分解して無毒化する作用を解毒といい、肝臓の果たしている最も重要な役割分担の一つと言えるでしょう。

BMI(体重指数を算出する式はどこの国も同じですが、BMI値の評価は国家によって異なっており、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上を肥満、18.5未満の場合だと低体重と広報しています。

今時の手術室には、ラバトリーや器械室、手術準備室を併設し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設けるか、そうでなければ付近にレントゲン撮影用の専門室を準備するのが常識となっている。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われなかったとしても、内臓に脂肪が多く溜まりやすいような体重過多が存在することに縁り、あらゆる生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

脳内にある5-HT神経は、自律神経の調節や痛みを鎮静化させ、器官の覚醒などを操っていて、うつ病(単極性気分障害)の患者さんでは動きが減少していることが証明されている。

一見すると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」ものと考えがちですが、その実、私たちヒトは日々ストレスを体験しているからこそ、生き延びることに耐えられます。

気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、食欲の低下、強い焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の辛い症状が出現するのです。

スマホ使用時のチラつきを軽減させるレンズの付いた眼鏡が最も人気を集めるのは、疲れ目の予防に多くの人が興味を抱いているからだと考えることができます。

陰金田虫(インキンタムシ)は20~30代の比較的若い男性に多く確認されており、大体股間の周辺だけに拡大し、激しい運動をしたり、風呂から上がった後など身体が温まると強いかゆみを起こします。

通常は水虫といえば足を連想し、特に足の裏や指の間にできやすい皮膚病だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染するのは足しかないのではなく、体のどこにでもうつってしまうという危険性があります。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。