食事という行為は、食べようと考えた物を気軽に口に運…

食事という行為は、食べようと考えた物を気軽に口に運んで何度か噛んで後は飲み下すだけだが、それから体は本当に健気に機能して食物を体に取り入れるよう努めている。

エイズウイルス、つまりHIVを持つ血液や精液、母乳、腟分泌液といったいたる所の体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れると、感染するリスクが高くなります。

「あまりにも多忙だ」「上っ面だけのいろんなお付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる先端技術や情報のハイレベルな進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが溜まる主因はみんな違います。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上の消化管から血が出る状態を指します。

臓器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が大変深く関係していますが、前立腺に出現した癌も同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの働きによって大きくなってしまうのです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなってしまい、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋繊維自体が機能しなくなるという大変怖い病気です。

複雑骨折して大量出血した状況では、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの不快な脳貧血の症状が起こることがよくあります。

陰金田虫(インキンタムシ)は20代~30代の比較的若い男の人に多く確認され、よくあるパターンとしては股間部にのみ拡大し、軽く運動したり、風呂に入った後など全身が温まると強烈な掻痒感が訪れます。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みを鎮静化させ、様々な分泌物質の覚醒などを操作しており、単極性気分障害(うつ病)の患者さんではその動きが鈍化していることが明らかになっているのだ。

平成17年より新しく全ての特定保健用食品の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のコピーの明示が義務化した。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて喫煙・アルコールの常飲・肥満症等の生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁って、近年日本人に増加しているという病気の一種です。

エネルギーとして瞬時に機能する糖、細胞の新陳代謝に必須のタンパク質など、厳しいダイエットではこの2種類に代表される体調をキープするために欠かすことができない要素までもを乏しい状態にしている。

アミノ酸の一種であるグルタチオンには、細胞の機能を衰退させたり突然変異をもたらすような悪影響を及ぼす物質を体の中で解毒し、肝臓のパワーをより強める能力が分かっています。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、四肢がしびれるような感覚があったり脚のむくみなどが中心で、発症から時間が経つと、最も重症のケースでは心不全などを齎す可能性があります。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最もかかりやすい中耳炎で比較的小さな子供に多くみられる病気です。耐え難い耳の痛みや38℃台の発熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏などの耳の症状が出現するのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。