食事という行為は、食べようと考えた物を気軽に口へ入…

食事という行為は、食べようと考えた物を気軽に口へ入れて20回前後咀嚼して後は嚥下するだけだが、その後身体は実に律儀に機能し続けて異物を身体に取り入れる努力をし続けているのだ。

折り目正しい穏やかな暮らしの保持、暴飲暴食しないこと、持続可能なスポーツ等、アナログともいえる自分の健康への配慮が肌の老化防止にも役立つのです。

「肝機能の減衰」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの数値でモニターできますが、近頃肝臓の機能が悪化している人達が徐々に増加しているということが判明しています。

30才代で更年期がやってくるとすれば、医学的に表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患に当てはまります(我が国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経する症状を「早期閉経」と称します)。

アルコールを分解する肝臓に中性脂質やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、肝硬変というようなありとあらゆる健康障害を招く可能性が高いと考えられています。

男性だけにある内臓の前立腺はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大変深く関係していますが、前立腺に発現したがんも同様に、アンドロゲンの影響で大きく成長してしまいます。

触れ合うことで、入居者さんがセラピーアニマルをとても愛おしく思う時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレスの低減や精神のヒーリングなどに繋がります。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があるためオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、皮膚にとって悪い影響をもたらすことが明らかになっています。

普通なら骨折しない位の弱い圧力でも、骨の限定されたエリアに繰り返して続けてかかってしまうことによって、骨折することがあるので気を付けなければいけません。

強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間にあってクッションみたいな役目をする椎間板(ついかんばん)という名の柔らかい線維軟骨がはみ出してしまった様子を指しています。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に違いはありませんが、喀血というものは喉から肺をつなぐ気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことであり、吐血の方は十二指腸より上部の消化管から出血する症状を表します。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム陽性球菌であり、毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けることができます。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬という名称で、かびの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、お尻などの部分に何らかの理由で感染し、棲みついた病気の事であり俗に言う水虫です。

鍼灸のハリを患部に刺す、というフィジカルな無数の刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと称される要は電気信号伝達を誘発するのではないかという考えが浸透しています。

杉花粉症などの緒症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが元凶で睡眠不足の状態になり、翌朝目覚めてからの仕事内容に思わしくない影響を与えるかもしれないのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。