骨を折ったことにより酷く出血した時に、血圧が急降下…

骨を折ったことにより酷く出血した時に、血圧が急降下して目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの色々な脳貧血の症状が出てくるケースがあります。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫などが典型で、発症から時間が経つと、あろうことか呼吸困難に至る心不全なども招く可能性があるのです。

結核の原因となる結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「咳」をすることで空間に放り出され、空気中でふわふわとしているのを別の誰かが吸い込むことにより次々に感染していくのです。

ほとんどの場合は水虫は足、こと足指の間に現れる皮膚病だと思われていますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらず、体中どこにでもうつるという可能性があるのです。

体脂肪量はさして変化がみられず、体重が食物・飲料の摂取や排尿などによって短時間で増減するような時には、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が上がります。

素材がグラスファイバーのギプスは、ダメージに強くて重くなくて耐久性に優れており、濡らしても使用できるという特長があり、現在採用されるギプスの中でも主流だと言われています。

我が国における結核への対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」にならって推進されてきましたが、56年後の2007年からその他の感染症と同じように「感染症予防法」に基づいて実行されることに決定しました。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓にあるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったために、膵臓からは微々たる量のインスリンしか分泌されなくなることによって発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病です。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間でクッションに近い役目を持っている椎間板(ツイカンバン)という円形の線維軟骨が突き出た症状のことを表しているのです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではない覚醒状態で命を保つ(鼓動、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張のキープ等)ために必要となる基礎的なエネルギー消費量のことを指すのです。

不整脈の期外収縮は、健康体にも症状が出ることがあるので珍しい疾病とは限りませんが、例外として発作が続いて起きる場合は危ない状態です。

AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保持しない一般人でも利用できる医療機器で、本体からの音声ガイダンスに沿って動くことで、心室細動に対する緊急処置の効き目を患者にもたらします。

バイキンやウィルスなど病気を招く微生物が肺の中に入って感染してしまい、肺全体が炎症を起こしてしまっている境遇を「肺炎」と言います。

ピリドキサミンは、かの有名なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれるエネルギー源の利用に欠かせない回路へ導入するために再び細分化するのを促すという働きもあると言われています。

人の耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別することができますが、この中耳にばい菌やウィルスなどが感染し、炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼びます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。