高齢化による耳の聞こえにくさにおいてはじわじわと聴…

高齢化による耳の聞こえにくさにおいてはじわじわと聴力が低くなるものの、普通60歳過ぎまでは耳の老化をなかなか認識できません。

素材がグラスファイバーのギプスは、非常に強靭で軽量なのにとても長持ちし、雨などで濡れてもふやけずに使用できるという特長があり、いまの日本のギプスのメインと言われています。

流感、即ちインフルエンザに適している予防法や治療法等の基礎的な措置というものは、季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでも一緒なのです。

ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無効になってしまった後に市場に出回って、等しい成分で負担を少なく抑えられる(代金が少額の)後発医薬品のことを意味します。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは就寝中ではない状態で生命活動を維持していく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張の保持など)ために外せない理論上のエネルギー消費量のことなのです。

結核をもたらす結核菌は、人間が「咳」をすることによって外気や内気の中に排出され、空気中でフワフワと流れているのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことで感染していきます。

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等の数値で判断できますが、特にここ2、3年肝機能が衰えている日本人の数が明らかに増えているということが危険視されています。

内臓脂肪が多いことによる肥満が確認された上で、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2項目か3項目全てに合致するケースのことを、メタボリック症候群と称しています。

冠動脈の異常である狭心症の外科処置としては「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈バイパス術(CABG)」という2つの異なる手段が標準的に活用されています。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くノンカフェインコーヒーを飲めば、直腸ガン発病リスクを半分も減らせたらしい。

30~39才までの間に更年期になったとすれば、医学用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という病気にあてはまります(日本の場合は40歳未満の比較的若い女性が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義付けています)。

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて喫煙する事・アルコール類・脂肪過多などの生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁って、殊更日本人に増加しているという疾患です。

緊張性頭痛というものは仕事や勉強などでの肩こり、首筋の凝り、張りが誘因の最も一般的な頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「重くてたまらない酷い痛み」と言い表されています。

大多数の人に水虫=足、こと足の裏に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけということはなく、体のありとあらゆる部位に感染してしまう可能性があるのです。

何か物を食べる時は、食べたい物をなんとなく口へ入れて数十回咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後身体は本当によく機能して異物を身体に取り込むよう努めている。

タマゴサミン とは

SNSでもご購読できます。