1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)の血糖値に…

1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)の血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったために、その膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなってしまって発症してしまうタイプの糖尿病なのです。

UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があり、大気中のオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、肌にとって悪い影響をもたらしています。

H17年以降トクホ(特定保健用食品)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す日本語の明記が食品メーカーに義務付けられた。

自転車事故や山での滑落など、非常に大きな圧力が体にかかった場合は、複数の部位に骨折がもたらされてしまったり、開放骨折になってしまったり、重症の時は内臓が負傷してしまうこともあり得ます。

メタボリックであるとは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が蓄積してしまう型の悪質な肥満症を抱えてしまう事により、複数の生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの鎮静、様々な器官の覚醒などを操作していて、単極性気分障害(大うつ病)の人は動きが弱いことが科学的に判明している。

基礎代謝は人間が何もせずにじっとしていても使うエネルギーのことで、その大部分を身体中の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳で占めるということはまだ広くは知られていません。

30才から39才までの間に更年期になるとしたら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(日本の場合は40歳以下の女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義しています)。

PC画面の強くて青っぽい光を軽減させる専用眼鏡が大変人気を博している理由は、疲れ目の軽減に大勢の人が興味を抱いているからではないでしょうか。

クシャミや鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルゲンである花粉の飛散している量に追従したかのように深刻化するという性質があるというのは周知の事実です。

基礎代謝量というものは睡眠中ではない状態で生命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の保持など)ために欠かせない最低限のエネルギー消費量の事を指しているのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が狭くなって、血液の流れが途絶えて、大切な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋細胞自体が死んでしまう恐ろしい病気です。

食事をするときは、食べる物をなんとなく口に入れて20回前後噛んで飲み込んで終わりだが、その後も体は実によく活動し異物を人体に取り込むように励んでいるのだ。

痩せたいあまりに摂取カロリーの総量を抑える、食事を飛ばす、といった暮らしを続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを齎すことは、色んな媒体で言われていることなのです。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を有している精液、血液を始め、女性の母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口等に接触した場合、HIV感染の可能性があります。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。